南風の記憶

沖縄の高校野球応援! また野球小説<「続・プレイボール」ーちばあきお原作「プレイボール」もう一つの続編」連載中。俳句関連、その他社会問題についても書いています。

沖縄の高校野球

「ハイサイおじさん」が、沖縄高校野球応援のメイン曲でなければならない理由

沖縄高校野球応援のメイン曲「ハイサイおじさん」に対し、“酒飲みの歌は高校野球にふさわしくない”とクレームが付けられ、それ以来何試合か応援曲として使われなかったことがある。 私はこのクレームに対し、断固として反対の意を示したい。 なるほど歌詞を…

機動力野球vsパワー野球 ~春季高校野球沖縄県大会より~

昨日(令和4年3月20日)、春季沖縄県大会の一回戦・沖縄尚学対首里の試合を観戦した。結果は既報の通り、沖尚が9-0(七回コールド)と完勝を収めた。 正直、点差ほど沖尚が圧倒した試合ではなかったように思う。首里も七回までに6安打を放ちチャンス…

<〇×クイズ>沖縄高校野球編【PART1・2】

【1】沖縄高校野球〇×クイズ!<PART1> <PART1答え> 【2】沖縄高校野球クイズ!<PART2> <PART2答え> 【1】沖縄高校野球〇×クイズ!<PART1> ①春夏の甲子園大会を通じて、沖縄勢で初得点を挙げたのは、首里高校である。 …

県外チームの”力の野球”にどう対抗していけば良いのか ~2021年沖縄高校野球を振り返る~

<はじめに> 1.パワー野球にどう対抗していくか 2.もう少し“力の野球”を取り入れることも必要では? <終わりに> <はじめに> 2021年の沖縄高校野球も、間もなくシーズンオフに入る。 今年は、何といっても21世紀枠で選抜出場した具志川商業の活躍が…

沖縄勢低迷の原因は、意外に根深い!? <2021年・秋季高校野球九州大会>

<はじめに> 1.過去の成功体験を引きずらない 2.情報の共有化を図る <終わりに> <はじめに> 今年(2021年)の九州大会において、残念ながら沖縄勢は2校とも敗退した。しかも率直に言って、いずれも完敗と言える内容だ。 とはいえ、私は選手達…

”ほんらいの良さ”を取り戻しつつある興南の現チーム(2021年・秋)

先月末に行われた秋季沖縄県大会準決勝・興南vs沖縄水産の一戦。結果はご周知の通り、延長十四回タイブレークの末、興南が8-7と激戦を制し、九州大会出場を決めた。 この日――私は興南の試合を見て、久しぶりに胸を打たれた。 試合は終始、沖水のペース…

完敗だったが、けっして恥じるような試合じゃない!!<令和3年選手権大会二回戦・沖縄尚学0-4盛岡大付>

<はじめに> 手放しで称えることはできない。試合は完敗だったのだから、それはかえって失礼というものだろう。 でも、けっして恥じるような試合ではない。再三のピンチを迎えても、動揺して自滅するようなことはなかった。ヒットは結果的に1安打だったが…

文句なしの快勝劇! コロナ禍の中で見せつけた、沖尚野球”進化の証”<令和3年選手権大会一回戦・沖縄尚学8-0阿南光>

<はじめに> まさに文句の付けようがない快勝劇である。夏の甲子園大会に限っていえば、私が見た沖縄尚学の試合で、ダントツの出来だったと思う。 もちろん二安打完封勝利の當山渚の投球の素晴らしさは、誰もが認めるところだろう。 ただ、私がそれ以上に讃…

【私選】平成の沖縄高校野球名勝負ベスト10<甲子園編>(その2:第5~1位)

<はじめに> この時期、本来なら選抜大会で盛り上がっている頃なのだが、あいにくのコロナ禍により大会が中止。どうにか春季沖縄県大会は開催できたものの、球春到来の楽しみがだいぶ減ってしまった。 そこで、少しでも大会中止の埋め合わせになるように、…

<2020年・沖縄高校野球>沖尚、本部……昨秋の沖縄勢は、ちょっとツキがなさすぎた!

先日(令和2年1月24日)、選抜高校野球出場校の発表が行われた。 残念ながら、21世紀枠候補に残っていた本部高の選出はならず。これで沖縄勢としては、5年連続の選抜出場ナシである。 それにしても、昨秋はとことんツキがなかった。普通は“運も実力…

<2020年・沖縄高校野球>本部高野球部に選抜出場を果たしてほしい、三つの理由!

【理由3】 (本部高野球部の公式アカウント) <はじめに> いよいよ春の選抜甲子園大会の出場校発表が、来週(令和2年1月24日)に迫った。 我が沖縄からは、本部高が21世紀枠の最終候補・9校の中に残り、出場の可能性を残している。このブログでも…

<高校野球>沖縄県勢有力校・三行キャッチコピー集(興南、沖縄尚学、沖縄水産、美里工業……)

【沖縄県勢有力校・三行キャッチコピー】 <興南> <沖縄尚学> <沖縄水産> <浦添商業> <八重山商工> <美里工業> <中部商業> <糸満> <首里> <名護> <宜野座> <本部> <嘉手納> <美来工科> <那覇> <那覇商業> <北山> <豊見城…

平成三十年間の全沖縄県代表・一行寸評(興南、沖縄尚学、沖縄水産、八重山商工……)

【平成三十年間の全沖縄県代表・一行寸評】 <平成元年> <平成二年> <平成三年> <平成四年> <平成五年> <平成六年> <平成七年> <平成八年> <平成九年> <平成十年> <平成十一年> <平成十二年> <平成十三年> <平成十四年> <平成十…

【私選】2019年沖縄高校野球”隠れた名勝負”ベスト3(興南、沖縄尚学、沖縄水産、本部……)

1.今後の沖縄高校野球における分水嶺!? 2.発表! 2019年・沖縄高校野球“隠れた名勝負” その1:強力打線、沈黙! その2:「勇気ある戦い」が呼び込んだ“21世紀枠” その3:スーパーエースの去った名門に、新星現る! 3.面白いトピック満載だった2…

<私選>21世紀以降の沖縄高校野球・ベストナイン(+DH)で打順を組んでみた! 殊勲賞・MVPも発表!!

<はじめに>……「平成は沖縄高校野球“躍進の時代”」 1.殊勲賞 <その1> <その2> 2.ベストナイン(DH含む)&最優秀投手 一番<セカンド> ――頭脳明晰なリードオフマン。脅威の打率六割超! 二番<センター> ――鮮烈な選抜決勝のランニングホーム…

※過去記事より【2013年・秋季九州大会決勝】沖縄尚学-美里工業<名勝負プレイバック> 

1.はじめに 2.過去記事から 3.終わりに 1.はじめに 先日、ある美里工業OBの方より、DMをいただいた。詳細を明かすことはできないが、当時の悔しさは今でも鮮明に覚えているとのこと。 本人の胸中は察してあまりあるが、しかし沖縄高校野球の一フ…

”史上最弱世代”と自覚したことから始まった、沖尚の復活劇!――2019年・秋季沖縄県大会

【目次】 1.沖尚前主将・水谷君の印象深いツイート 2.“史上最弱世代”と自覚した時から始まった、沖尚の復活劇 3.沖水と美里工の両チームは、負けの悔しさをエネルギーに変えろ! 4.沖尚は、とにかく勝ち続けること! 【関連記事一覧】 ※小説も書いて…

「美里工は”1点勝負に勝ち切る”力を」「沖水は、苦しい時の”拠り所”をどう作っていくか」――2019年・秋季沖縄県大会

【目次】 <はじめに> 1.美里工業は、“1点勝負に勝ち切る力”を身に付けて欲しい 2.沖水は、実質“新興勢力”。苦しい時の“拠り所”をどう作っていくか 3.興南は、有望な一年生左腕を温存したのかもしれない…… <おわりに> 【関連記事一覧】 ※小説も書…

三者凡退のイニングに垣間見えた、沖尚ナインの「経験と覚悟」――2019年・秋季沖縄県大会<二回戦・沖縄尚学7-2浦添商業>

【目次】 0.はじめに 1.永山蒼は「ピンチの時の投球」を身に付けている 2.三者凡退のイニングに垣間見えた、沖尚ナインの“覚悟” 3.経験を力に変えてきた沖尚ナインなら、もっと強くなれるはず! 【関連記事一覧】 ※小説も書いています! <「続・プ…

現状では、この大会に出場するメリットが感じられない。それでも“本気で勝ちたい”のなら…… ~ 2019年・U18野球W杯 ~

【目次】 1.U18の結果は、選手達と日本野球の将来を左右するものではない 2.U18W杯出場の選手達に付きまとう「故障のリスク」 3.“勝ちたい”のなら、高野連はWBSCと交渉を! 4.U18W杯に“向いている”監督の条件とは? 5.興南の我喜屋…

選抜出場の期待が掛かる沖縄尚学・美里工業・沖縄水産の”3強”にそれぞれ望むこと――2019年・秋季沖縄県大会・展望

【目次】 0.はじめに 1.大本命・沖縄尚学には、投手陣の制球力アップを 2.美里工業の投手陣には、ピンチの場面での「しつこさ」と「大胆さ」を 3.古豪復活を期す沖縄水産は、武器である打撃にさらなる磨きを! 4.各チームとも“センター返し”の習得…

<過去記事紹介>”夏に勝てない沖尚”からの脱却なるか!? (2019年 沖縄の高校野球)

【目次】 0.はじめに 1.“夏”に勝てない沖尚 ※スポーツナビ+時代の過去記事より 3.当時との考えの比較 4.今年のチームは、“力を磨く機会”が与えられた 【関連記事一覧】 0.はじめに 沖縄尚学が、5年ぶりに夏の甲子園大会に帰ってくる。 平成以降…

(2019.8.4追記)強敵だが、十分勝機はある! 要警戒ポイントは“山内翔太の起用”――【2019年・選手権大会】沖縄尚学vs習志野プレビュー<沖縄の高校野球>

【目次】 0.はじめに 1.アウトコースに強い習志野打線 2.ポイントは“インコース” 3.高めの速球を引っ叩け! 4.沖尚が苦手とするタイプのチームではない! 【※追記】5.沖縄尚学にとって、最も嫌なパターン――技巧派・山内翔太の起用 【関連記事一…

大船渡・佐々木朗希の起用法を”英断”と讃えるのは良いが、返す刀で興南・宮城大弥の229球を貶めるな!<沖縄の高校野球>

【目次】 0.はじめに 1.夏の高校野球岩手県大会の“異常な日程” 2.興南は、宮城が「連投しても大丈夫」なように準備していた 【関連記事一覧】 0.はじめに 先に断っておくが、私は興南高校野球部の関係者ではないし、我喜屋優監督の信望者というわけ…

もし自分が“大船渡高校野球部監督”だったなら、佐々木朗希の起用法をどうするか考えてみた<2019年 選手権・沖縄県大会>

【目次】 0.はじめに 1.足りなかった「言葉」 2.もし自分が監督だったとしたら 3.高校球児の“主体性”と“三年間の重み”を無視すべきではない 4.どっちが良い、悪いの話ではない 5.まとめに代えて ― 大船渡高野球部に足りなかったもの ― 【関連記…

「球数制限」の導入に賛成できない二つの理由<2019年選手権・沖縄県大会>

【目次】 0.はじめに 1.他にやれることがあるのでは? 2.「球数制限」に賛成できない二つの理由 ①“野球の質”の低下を招く ②高校野球は、“野球少年の集大成”である 3.各校の野球部は、“方針”を明確にすべき 4.まとめ 【関連記事一覧】 0.はじめに…

【決勝・沖縄尚学8-7興南(戦評)】沖縄高校野球、復活の狼煙上がる<2019年 選手権・沖縄県大会>

【目次】 はじめに 1.宮城大弥が“2年生”だったら…… 2.沖尚、待ち望んだ“全国レベルの投手”の登場 3.あえて沖尚の“勝因”を挙げるなら…… 4.夏の甲子園大会以降の展望 【関連記事】 www.youtube.com はじめに 壮絶な死闘だった。間違いなく、後に語り…

【準決勝・興南4-2美里工業(戦評)】美里工ナインの涙は、明日の彼らそして沖縄高校球児の歓喜へと変わる<2019年 選手権・沖縄県大会>

【目次】 はじめに 1.美里工業の“唯一の勝機” 2.やはり露呈してしまった、美里工の“勝負所での経験不足” 3.“相手と戦えるようになった”興南ナインの成長 4.興南を本気にさせた、美里工の“チカラと可能性” 【関連記事一覧】 www.youtube.com はじめに…

【準決勝プレビュー】興南vs美里工業――現世代を引っ張ってきた”王者”と、次世代を担う”挑戦者”との対決<2019年選手権・沖縄県大会>

【目次】 はじめに 1.盤石に見える興南投手陣の“死角” 2.興南打線の“しぶといバッティング”に、美里工バッテリーは根負けせずにいられるか 3.実現した“最高のカード”

課題を修正できた沖縄尚学、修正できなかった沖縄水産の明暗分かれる! <2019年 選手権・沖縄県大会>

【目次】 1.昨秋の“ノーヒットノーランの衝撃”に紛れていた、両チームの課題 2.狙い球を絞った沖尚、また変化球にタイミングを狂わされた沖水 3.一気に面白くなった、沖縄“令和初の大会” 関連コラム一覧 今日(2019.7.14)の三回戦にて、第2シード・…