南風の記憶

沖縄の高校野球応援! また野球小説<「続・プレイボール」ーちばあきお原作「プレイボール」もう一つの続編」連載中。俳句関連、その他社会問題についても書いています。

【独り言】不登校ユーチューバーと「脱社畜サロン」騒動に感じる虚しさ<雑記帳「日々、感じたこと、考えたこと」>

 よりによって、我が地元である。

 

 言うまでもなく、とても気分が悪い。(沖縄県においては)天下の『琉球新報』が、この件を無批判に取り上げるようでは、ますます“新聞離れ”が加速していってしまうだろう(実際、私の実家では「新聞購読はもう止めようか」という話題が度々上がる)。

 

 想像だが、少年の“通うべき”小学校の先生方は、彼への対応にとても頭を悩ませていたに違いない。そこへ以って、この記事である。まるで自分達の努力を全否定されたように感じたとしても、不思議ではない。私はまず、先生方に強く同情する。

 

 記事によると、この少年は「先生の言うことを聞く他の子をロボットのように感じた」という。その発言自体を腹立たしく感じる方もいらっしゃるだろうが……個人的には、さほど不思議はないと思っている。

 

 誰だって「自由がいい」と思うに決まっている。まして子供だ。

 

 さらに子供でもあっても、それなりに程度知恵が回るようになれば、嫌なことから逃げるためのそれらしい“言い訳”も思い付く。先生のせい、友達のせい、学校のせいにするのも、その一つ。これに「甘ったれるな」と一喝するのが、大人の仕事だ。

 

 少年に対して、『しょぼい起業で生きていく』を著した(彼と同じユーチューバーとして知られる)えらいてんちょう氏が、実に的確な評を述べておられた――(この少年は)親のロボットになっている、と。

 

 私が思い出したのは、数年前に話題となった“小さな哲学者”だ。確か当時、この少年と同じ十歳だった。周囲の(社会的地位の高い)オトナに持て囃され、自意識だけ肥大していく。その様が見て取れ、とても気の毒だった。彼は今、どうしているだろう。

 

 さらに、気になることがあったので、少し彼の過去のネット上の発言も掘り起こしてみたのだが……コレ、いつぞや“「脱社畜サロン」騒動”にて、イケダハヤト氏とその周辺の人物達が口にしていたことの、ほぼコピーではないか。

 

 大学が嫌になり、就活が嫌になり、会社が嫌になり、辞める。辞めて「ブログで稼ぎましょう」「仮想通貨をやりましょう」と誘われる。小学校が嫌になり、不登校になる。学校へ行かずに「仮想通貨」「ユーチューブ」……こうして書くのも虚しい。

 

 彼らは子供だから(良くも悪くも)注目されてしまうが、似たような心性、つまり「自分の所属する共同体」への不満を煽られ、“脱社畜”“ブログで不労所得”などという言葉に乗せられて社会からドロップアウトしていく若者の、何と多いことか。

 

 かく言う私も、イケダハヤト氏の『旗を立てて生きる』を購入し、「こういう生き方も悪くないかも」と思って調べたことがある(苦笑)。

 

 私の場合は、たまたま雇ってくれる職場があり、意見して下さる同僚・上司の存在があり、おかげで冷静さを保つことができた。しかしそうでない(一部の)方には、こういう甘い囁きに乗ってしまうのも、無理からぬことかもしれない。

 

 とりわけ、この件は対象が子供だ。それが何よりも悲しくてならない