南風の記憶

沖縄の高校野球応援! また野球小説<「続・プレイボール」ーちばあきお原作「プレイボール」もう一つの続編」連載中。俳句関連、その他社会問題についても書いています。

【野球小説】続・キャプテン<第2話「反乱勃発(はんらんぼっぱつ)!?の巻」>――ちばあきお『キャプテン』続編

 

 

 f:id:stand16:20190713083954j:plain

【目次】

  

 

【前話へのリンク】

stand16.hatenablog.com

 

<外伝> 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

 

 第2話 反乱勃発(はんらんぼっぱつ)!?の巻

www.youtube.com

 

<登場人物紹介>

進藤:墨二中野球部の三年生。内野手。牧野に、打球を処理する際の出足の悪さを指摘されていた。のんびりとした性格。

 

山下:墨二中野球部の二年生。外野手。一年生の時、素振りをしていたバットがすっぽ抜けて松尾に当たってしまい、チームの選抜大会出場辞退の原因を作ってしまった。

 

鳥井:墨二中野球部の二年生。一年生の時はノッカーを務めていたが、三年生の引退後、レギュラー外野手となる。

 

志村:墨二中野球部の一年生。投手。原作では未呼称。遠投テストや投球練習の時、腕をブンブンと振り回すクセがある。典型的な”タマは速いがコントロールは悪い”タイプ。

 

川藤:墨二中野球部の一年生。原作では未呼称。入部時の投球練習では、縦縞のユニフォームを着ていた。近藤にコントロールは良いが、もっと体を大きく使って投げろと指摘される。

 

1.近藤の葛藤

 

 早朝。野球部の近藤、牧野、曽根、佐藤、進藤の三年生五人が、校長室前に集まっていた。

「それじゃ、あの話は引き受けるということでいいだね?」

 墨谷二中校長が、五人へ尋ねる。

「はい。よろしくお願いします」

 キャプテン近藤を除く三人は一礼する。牧野が「ほら、てめえも」と、挨拶を促す。キャプテンはハッとして「あ、ドウモ」と慌てて校長へ頭を下げる。

「うむ。しっかりはげみたまえ」

 校長は両手を後ろ手に組み、微笑んで応えた。

「失礼しました」

 五人は声を揃え、もう一度礼をしてから踵を返し、廊下を歩き出す。

「しかしあらためて考えると、すげえよな」

 曽根が目を見開いて言った。

「中学野球トップの五校から、練習試合をまさか申し込まれるなんてよ」

 む、と佐藤が相槌を打つ。

「優勝した昨年ならともかくな」

 牧野も「ああ」と、同調した。

「やはり選抜大会での健闘ぶりが、他校には脅威に映ったんだろうぜ。とくに準々決勝は、結果的にとはいえ、ほぼ一年生だけで富戸中を追いつめたんだし。な、近藤」

 その広い背中を、牧野はポンと叩く。

「ほんと今回はでかしたぜ。こんないい話を、引っぱってきてくれたんだからな」

 ところが、当の近藤は元気がない。

「は? ああ、うむ……」

 三人は、互いに顔を見合わせる。

「どしたい近藤」

 牧野が尋ねた。

「きのうとちがって、ばかに元気がないじゃねえか」

 傍らで、曽根も「近藤らしくないぞ」と声を掛ける。

「そ、そやかて……」

 やや青ざめた顔で、近藤は答えた。

「さっき日程聞いたやろ? やっぱり五月の連休の三日間で、五試合を戦わなきゃいけないそうやないか。ワイとJOYだけじゃ、とても……」

「誰が二人だけで、と言ったよ」

 牧野がそう言って、問い返す。

「おまえが長い日数をかけてテストしてた連中は、どこに行ったんだ?」

「い、いや……もちろんみんな、素質はあるで」

 うつむき加減で、近藤は答える。

「けどまさか、あと一週間ちょっとで、あの五校相手に通用するとは思えへん」

「いいじゃねえか。べつに、通用しなくてもよ」

 気楽そうに言ったのは、曽根である。

「たとえメッタ打ちにあったって、連中にとっちゃいい経験になるだろうさ。そのための機会でもあるんだし」

「か、カンタンに言わんといてや!」

 近藤はつい大声を出してしまう。

「まだ入部して日の浅い新入生なんやで。ボコボコに打たれて、もうピッチャーなんてやりとうないとか言われたら……」

「だからどうしたんだ。ほっとけよ、そんなやつ」

 吐き捨てるように、牧野が言った。

「それくらいで自分のポジションをあきらめるような根性なし、どっちみち使えねえよ」

「同感だな」

 曽根もうなずく。

「なあ近藤。おまえが一年生を大事に育てたい気持ちも分かるがな。あまり甘やかすと、ろくなことにならんぞ」

 横から佐藤も「おれもそう思う」と口を挟む。

「あいつら、まだ中学野球の厳しさってやつを経験してねえ。ここらでピリッと、現実ってやつを見せてやった方が、あいつらのためじゃないのか」

「……うーむ」

 近藤は立ち止まり、しばし口をつぐむ。その傍らで、進藤も同じように、黙り込んでいた。

「おい進藤」

 牧野が声を掛ける。

「おまえもなにか意見はあるか?」

「あ……いや」

 進藤は頭の後ろに手を当て、苦笑いした。

「どこのポジションなら試合に出られるかと考えてたのよ。なにせ、おれ守備はからっきしだからよ」

 他のメンバー達は「あっ」とずっこける。

「……な、なんなら。直接一年生に聞いたらどうだ」

 気を取り直すように、曽根が発言した。

「案外打たれる覚悟で、それでも投げたいと言い出すやつも、いるかもしれんぞ」

 そうだな、と牧野も同調する。

「おれ達だけで、ぐだぐだ話しててもしょうがねーし。あいつらの希望も聞いてやらねーと」

 ようし、と曽根がうなずく。

「そうと決まったら、近藤。今日の練習前にミーティングを開いて、一年生に聞いてみようぜ。例の五校相手に、投げてみたい者はいるかってな」

「わ、分かったよ……」

 キャプテンは渋々といった感じで了承した。

 

 

 その日の放課後。ユニフォームに着替えた野球部員達は、後者近くの木陰に集合した。五人の三年生は前に出る。一、二年生はその近くに体育座りをした。総勢百十六名である。

「練習前に集まってもらったのは、ほかでもない」

 説明に当たったのは、牧野である。

「五月の連休の三日間に、他地区の学校五校と練習試合を行うことになった」

 その一言に、部員達はざわめく。

「なるべく多くの者を起用したい。とくにピッチャーは、ちと人数が必要だ。なにせ三日で五試合だからな。近藤とJOYだけに投げさせるわけにもいかん」

 しばし間を置き、牧野は結論を述べる。

「そこでだ。諸君らの中で、その五校相手に投げてみたい者はいるか?」

 牧野が言い終える前に、三十名近くの者が瞬く間に挙手した。

「まてまて。おめえら」

 横から、曽根が話を補足する。

「その五校というのは、ただの学校じゃないぞ。今からそのリストを言う。南海中、川下中、、明星中……」

 やがて、さっきとは違う雰囲気のざわめきが起こる。

「……浦上中、そして和合中。以上だ」

「わ、和合だって」

 曽根の手前に座っていたJOYが、驚嘆の声を発した。

「昨年の選手権決勝で、先輩達が戦った相手じゃありませんか。春の選抜大会じゃ、あの青葉にも勝った……」

「そのとおりだ」

 突き放すように、曽根は言った。

「和合だけじゃねーぞ」

 牧野も渋い顔で付け加える。

「他のチームも全国大会、それも上位進出の常連校だ。卒業後に、高校野球の強豪校へ引っぱられていく人材もゴロゴロしてるんだ」

 下級生達の顔が、みるみる青ざめていく。牧野はさらに問い詰めた。

「そんな学校相手に投げる同郷が、ほんとにあんのか!?」

 すでに挙手した者のうちに、半数以上が手を下ろしている。残っているのは数名だ。

「ほほう、いい度胸(どきょう)してんな」

 曽根が挑発的な笑みを浮かべて言った。そして、牧野が「ようし」と指示する。

「いま手を挙げているやつは、そのまま立て」

 立ち上がったのは、全員一年生だった。計八名である。

「さっそくおまえらは、今日のフリーバッティングから、われわれ上級生に投げてもらう」

 曽根のその言葉に、さしもの八人も顔が引きつった。

「どうした!?」

 牧野が声を荒げる。

「おれ達相手にビビってるようじゃ、とてもあの五校には通用せんぞ」

「は、ハイ!」

 三年生と下級生達のやり取りが進む中、キャプテン近藤は左隅に立ち、うつむき加減になっている。その脇腹を、牧野が肘で小突く。

「テッ。な、なんやねん」

「おいキャプテン。終わりに一言、しめろよ」

「ほ、ほな……」

 近藤はすっと前に出た。意外にも引き締まった表情である。

「……ええな」

 厳しい表情のまま、近藤は言った。

「いくら強い相手やからって、ひるむんやない。ビビッて手足がちぢむような弱っちいやつは、すぐに引っ込めたる。それがいやなら、この後の練習から気合を入れていくんやぞ!」

「はっ、ハイ!!」

 思いのほか強い檄に、下級生達は驚きつつも快活に応えた。一方、他の三年生達は目を丸くする。

「またすぐ気の変わるやつだぜ」

 曽根の一言に、他の二人は揃ってうなずいた。

「それじゃ、さっそく……」

 キャプテンは話を続ける。

「いま手をあげた八人の、お手並み拝見といこうか。さっそくフリーバッティングの準備や」

「お、おい。ちょっとまて近藤」

 牧野が慌てて突っ込む。

「それは筋トレとダッシュの後だ。あとランニングとキャッチボールもまだだろう」

「またそんな、しゃくし定規な……」

 言いかけて、近藤は「あっ」と自分で気付く。

「そうやった。今はパワー月間やと決めたのは、ワイやったな」

 間の抜けた一言に、他の部員達は「あーあー」とずっこけた。

 

 

2.メッタ打ち

―― ランニングとキャッチボールの後、部員達は前日と同じように、A、B、Cの三グループに分かれるため、それぞれの場所へと移動した。

 

「……な、なあ牧野」

 移動の途中、近藤が牧野に声を掛ける。

「どうした?」

「きのうから、ちょい気になってんのやけど」

 近藤は声を潜めて言った。

「二年生達の様子、なんやおかしゅうないか?」

「む。おまえも、そう思うか」

 珍しく牧野が同調する。

「ああ……ランニングの時に声も出さへんし、キャッチボールも、なんちゅうか……」

「ただ淡々とこなしてるって感じだろう?」

「そ、そやねん」

 溜息混じりに、近藤は返事した。

「なんや……ワイらのやり方に、不満でもあるんやろか」

「さあな。あるなら、向こうからなにか言ってくるだろう。一年坊とちがって、やつらはもう何も分からないわけじゃないんだし」

「なんなら、ワイの方から、ちょっと聞いてみようか」

「は? やめとけ、んなこと」

 牧野はきっぱりと言った。

「な、なんでや」

「……近藤。このさい、はっきり言っとくがな。おまえ嫌われるのを怖がってないか?」

「そっ、そないなこと……あらへん」

 近藤は否定したが、つい語尾が小さくなってしまう。

「いや……おまえの、後輩達をちゃんと目にかけようとする気持ちは、分かるぜ」

 穏やかな口調になり、牧野は言った。

「それは先代のイガラシさんはしなかった……いや、できなかったという方が正しいかもな。昨年のうちは、とにかく優勝することに必死だったからよ」

 でもな、と牧野は話を続ける。

「これはどこかで聞いた話だが……リーダーたる者、どんなに下からなにを言われても、けっして信念を曲げちゃいけねえんだ。どだい誰からも嫌われないリーダーなんて、いねえんだとよ。ほれ近藤、思い出せ」

 そう言って、ポンと右肩を叩く。

「おまえの信念は、来年……いいチームを残すことだろう」

「わ、分かっとるよ」

 近藤は静かにうなずく。

 

 

―― 筋力トレーニングとダッシュの後、いよいよフリーバッティングが行われることとなった。下級生相手には、いつも通り近藤が登板。そして上級生相手に投げるのは、一年生の志村である。

 

 バケツに詰まったボールを一個拾い、志村はぐるぐると右腕を振り回し始めた。

「ちょっとまった」

 キャッチャー牧野がそれを制止する。

「おまえ、それを強豪五校相手にもやるつもりか?」

「え、あっ……」

 志村は顔を赤らめて、振り回す動作を止める。

 

 

 まず打席に入ったのは、二年生のイガラシ慎二だった。いつも通り、ミート重視なのか短めにバットを構える。

 初球。志村のボールは、ホームベース手前でワンバウンドした。さらに二球目は、キャッチャー牧野のミットを越える。

「おい志村!」

 慎二が珍しく、声を荒げた。

「ろくにストライクも取れないのなら、引っ込んでろ。きさまのタマ遊びにつき合ってるヒマは、ねえんだよ!!」

「すっ、すみません……」

 きつく叱られ、志村はシュンとしてうつむく。

「お……おい慎二。ちと言いすぎじゃねえか?」

 牧野が問うと、慎二は無言で首を振る。そして口を開いた。

「先輩達こそ。このごろ遠慮して、言うべきことを言えてないじゃありませんか」

「な、なにっ!?」

 さすがにムッとする。しかし志村が「つぎいきます!」とマウンド上から声を掛けてきたので、話はお預けとなった。

 すぐにワインドアップモーションから、志村は投球動作を始めた。スピードの乗った速球が、しかし真ん中付近に飛び込んでくる。

 慎二のバットが回る。パシッと快音がした。

「えっ……」

 ガシャン。慎二の打球は、グラウンドの外野フェンスを直撃する。

「おまえ、あきらめた方がよさそうだな」

 わざとなのか、慎二は冷たく言い放った。

「ストライクを取るのがやっとなピッチャーなんか、全国レベルじゃいいカモだぜ」

「……く、くそうっ」

 志村はそれでも、果敢に投げ続ける。すべて速球。しかしそれを、慎二はことごとく打ち返した。打球は内野手の間をすり抜け、外野手の頭を越えていく。

「こ、こいつ……」

 一方、牧野はむしろ、慎二の成長した打撃に驚かされていた。

「いつの間にか、パワーまでつけやがって」

 志村はそのまま降板し、外野の球拾いに回る。代わって、慎二と同じ二年生の山下が打席に立つ。そしてマウンドには、小学校時に投手経験のある川藤が立つ。

 おい、と慎二が山下を呼んだ。

「もうバットがすっぽ抜けて、さわぎになるなんてことは、よしてくれよ」

 さっきとは打って変わり、おどけた口調だ。山下も「からかうなよ」と苦笑いして応える。

「なんだよ」

 牧野は思わずつぶやいた。

「アイツなりに、志村を鼓舞しようとしてくれたのか?」

 初球。川藤のボールは、内角低めぎりぎりに投じられた。しかし山下は、バットを強振してこれを捉える。打球はなんと、あっという間にフェンスを越えた。

「あいかわらず、きさまはコントロールだけだな」

 挑発的に山下は言った。さすがに川藤の顔が歪む。

 その後、川藤はボールを散らしながら、どうにか山下を打ち取ろうとした。しかし二年生打者は、際どいボールを見きわめ、ストライク球を思いきりよく振り抜いてくる。けっきょく、マトモに山下を打ち取ることはできず、川藤も降板となった。

 フウ、と牧野は溜息をつく。

「こりゃあ……なかなか、前途多難だぜ」

 

―― 牧野の懸念(けねん)は当たった。川藤の後も、練習試合での登板を希望した残りの六人がマウンドに立ったが、いずれもメッタ打ちにあう。

最後は、下級生のフリーバッティングで投げていたJOYが、上級生相手にも登板することになり、どうにか練習を終わらせる始末だった。

 

 

3.二年生の反発と本音

 夕方六時。他の部員達が立って五列で並ぶ中、フリーバッティングで登板した八人の一年生は、いずれも座り込んでしまっていた。

「おいこら。おまえ達、最後くらい……」

 牧野が叱ろうとするのを、さすがに曽根が「いいから」と止める。そして近藤に顎をしゃくった。終わらせてくれ、の合図だ。

 近藤は気まずそうに、うつむき加減で話し出す。

「……ま、誰だって最初はこんなもんや」

 ちらっと座り込んだままの八人を見やり、そして全体へと視線を移す。

「せやけど、そうなげくことはおまへんで。しっかり練習をつめば……」

 この時、近藤は何かを思い出したように、一瞬口ごもる。

「……ほんじゃ、解散してええで」

 その言葉を聞いて、一年生達はゾロゾロと帰り出す。一方、慎二や山下ら二年生達は、その場を動こうとしなかった。

「む、どないしたんや?」

 近藤が尋ねると、山下が「どうしたもこうしたも……」と、露骨に不満を表して答える。

「あんなボールを打ったって、練習にならないんで。まだ日は明るいので、もうちょっと練習させてもらえませんか?」

 近藤は内心(そんな言い方せんでも)と思いながらも、「かまわへんよ」と答えるのが精一杯だった。案の定、先発した一年生のうちの一人、川藤がウウと泣き出してしまう。

 やがて十人近くの二年生が、グラウンドの奥へと移動し始める。

「……あのう」

 ふと声を掛けられ、今度はハッとする。そこに慎二が立っていた。

「な、なんや慎二」

「この後……ちょっとだけ、部室を貸していただけませんか? ぼくら、ちょっと話し合いをしたいので」

 近藤は一度、牧野達と目を合わせ、再び慎二を振り向く。

「貸していただくって……べつにそんな、遠慮しなくてもええんやで」

 努めて優しい口調で言った。

「なにか悩みごとか? ほんなら、ワテら三年生も一緒に……」

「いえ、気持ちはうれしいんですけど……ぼくらだけで話をしたいんです」

 その時、ふいに牧野が「なんだよ慎二」と割って入る。

「ぼくらだけでって、穏やかじゃねえな。要するに……われわれ三年に聞かれちゃ、マズイ話でもあるってのか」

「そう思っていただいて、けっこうです」

 思いのほか、慎二はきっぱりと拒絶の意思を示す。

「て……てめえら!」

 さすがに牧野が、怒りの色を露わにした。

「上級生をのけ者にしようなんて、なに考えてやがる。あまり先輩をナメると……」

「落ちつけよ、牧野」

 冷静に言ったのは、曽根だった。

「こいつらには、こいつらなりの考えがあるんだろう。いまはそれを尊重してやろうじゃないか。それに過程はどうあれ……けっきょくは、野球部のためになることなんだろう?」

「もちろんです」

 慎二は深く首肯した。

 

 

「……けっきょく、ワイのせいやろか」

 うなだれ、泣きじゃくる一年生達を前に、近藤は呆然としてつぶやく。

「あいつらが入部してきた当初から、あまり優しくせんと、もちっとしっかり鍛えとったら、今日こんなことには……」

 グラウンドの奥では、まだ二年生達がバッティング練習を続けている。

「おい近藤」

 ふと背後から声を掛けられた。牧野である。

「まさかと思うが……てめえ一人の責任と思うなよ」

 神妙な口調で言った。

「たしかに選抜前の練習メニューを決めたのは、おまえだ。しかし、それを認めたのは、おれ達同級生だ。だから、責任はおれ達にもある」

 それにな、と牧野は声のトーンを明るくする。

「今日のことがチームにとってマイナスになるとは、かぎらねえぞ。悔しさをバネに成長するってのは、よくある話だからな。きっと、こいつらの中にも……」

 とにかく、と牧野はポンと左肩を叩く。

「てめえ一人でしょいこむな。なにかあったら、相談しろよ。分かったな」

「お、おおきに……」

 近藤はようやく、少しだけ笑顔を見せた。

 

 

「一、二、三、四……二年生は、これで全員そろったか?」

 野球部部室。テーブル席に着いた二年生部員達は、話し合いを始めようとしていた。黒板前に慎二が立ち、司会を務める格好である。

「ああ、これで全員だよ」

 松尾が返答した。

「オッケー。それじゃ……野球部のこれからのあり方について、二年生の考えをまとめていきたいと思います」

 秀才らしい口調で、慎二は言った。

「まず……今みんなが思ってることを、率直に言ってみてくれ」

 しばし間を置き、青木が「それじゃおれから」と挙手した。

「どうぞ」

「やっぱり……近藤さんがキャプテンになってから、どこかぬるくなってるのがな。先輩達は『来年強くなればいい』なんて言うけど、いまの状態で、ほんとにそうなれるのかなって」

「おれも同感だな」

 松尾も同調した。

「おれがいま気になってるのは……おれ達が一年生の時には、あのイガラシさんに毎日、嫌ってほどきたえられたろう。あ、慎二わるい」

「いいよ。気にしないで、続けて」

「うむ……ただその甲斐あって、全国優勝もできて、春の選抜にも出られたわけだろう。でもおれ達が教わったことを、いまの一年生は教えられないうちに、上級生になるんだぜ」

「松尾の言いたいこと、よく分かるぜ」

 山下が腕組みして言った。

「いまの三年生が教えなかった分を、おれ達が教えなきゃいけなくなるって話だろう」

「そういうこと」

 松尾は数回うなずいた。

「慎二の前だから言うわけじゃないが……イガラシさんの時は、たしかにキツかったけど、日々強くなれてる実感があったんだよ。けど、今は……」

 けっ、と山下が吐き捨てるように言った。

「あんな練習でも、今の一年生達はうまくなれてるって、よろこんでたんだぜ。選抜でもちょっと勝ったりしたもんだから、ますます図に乗っちゃってさ。今日の練習で、少しはこりたろうが」

「ちょっと待ってよ」

 慎二が反論する。

「みんながうちのアニキを良く言ってくれるのはうれしいけど、近藤さんのもとで今の一年生達が力をつけてきてるのは、たしかだぞ」

 そうか?と、山下が問い返す。

「うむ。だって選抜でベスト8入りして、強力打線の富戸中をあと一歩まで追いつめたのは事実だろう。それに近藤さんは、出場辞退するほど追い込んだ練習をしてないから、かえってJOYみたいな一年生が育ってきてるとも言えるんじゃないか」

「なんだよ」

 山下が皮肉めいたことを言った。

「おまえイガラシさんの弟だからって、自分のアニキに対抗しようってのか」

「そんなわけないだろう! いい加減なこと言うなよ」

 慎二も負けずに言い返す。青木が「まあまあ二人とも」と間に入り、なんとか仲裁した。

「あと、もう一ついいか」

 再び青木が発言した。

「選抜で負けた後、丸井さんが言ってたろう。『ちみつな野球がおそまつ』だって。だからおれはもう少し、バントや走塁、守備の連係プレーの練習をやるべきだと思うね」

「なにせ地区予選で実戦練習なんて、話してたからな」

 またも山下が、茶化すように言った。

「おい山下」

 慎二が睨む目になる。

「さっきも言ったろう。おれ達は今、野球部の今後をどうしようかって話をするために集まってるんだ。近藤さんの悪口を言うためじゃない。それが分かってないなら、出てってくれ」

「……わ、分かったよ」

 山下はようやく矛を収め、おとなしくなる。

「でもよ、けっきょくのところ」

 のんびりとした口調で、青木が割って入る。

「やっぱり試合をしてみないと、分からないんじゃねえか。今度の連休の試合が、そのちょうどいい指針になるだろうよ」

 的を射た意見に、しばし部室は静まり返る。

「うーむ、でもなあ」

 おもむろに鳥井が、甲高い声を発した。

「『金曜ロードショー』は、いつになっても見られないぞ。どうなってんだ?」

 間の抜けた発言に、チームメイト達は「あーあー」とずっこける。

 

 

 翌日の早朝。近藤があくびをしながら登校していると、校門前でJOYを先頭に、ランニングをしている野球部一年生の一団とすれ違った。

「……おっと、キャプテンだ」

 その一団は引き返すと、揃って脱帽し「おはようございます」と挨拶した。全員ユニフォームに着替えている。その面々を見ると、前日のフリーバッティングで登板し、滅多打ちにされたメンバーだ。

「おめら、どないしたんや。こんな朝早(はよ)うから」

「決まってるじゃありませんか」

 志村が、少し気恥ずかしげに答える。

「きのうと同じ目にあうのは、もうカンベンですからね。こうやって少しでも足腰をきたえようと思って」

「ははぁん、そりゃ見上げた志(こころざし)やな」

 感心げに、近藤はうなずく。

「おれはちょっと、ちがいますけどね」

 ふとJOYが、一歩前に出る。

「キャプテン。おれ……キャプテンを追い抜いて、エースになります!」

「ほほう……はっ、なんやて!?」

 思わぬ発言に、近藤は戸惑う。

「このワイを追い抜くやて? ハハハハ」

 わざとらしく、余裕の笑みを見せる。

「JOY。ワイがどれほどのピッチャーか、分かってて言(ゆ)うとるのか? 自分で言うのもなんやが、ワイは昨年の選手権をもぎ取ったピッチャーやぞ」

「分かってます。近藤さんの実力は、よーく分かってるつもりです」

 そう言って、JOYは微笑む。

「でも……だからこそ、近藤さんに勝ちたいんです。いえ、近藤さんと勝負できるようなピッチャーに、おれはなりたいんです」

 それじゃ、と言い残し、JOYと一年生達はランニングを再開する。

「なんなんや、まったく」

 一人残された近藤は、一人つぶやく。

「JOYのやつ、ワイを抜こうやなんて。身のほど知らずにもほどがあるぜ」

「いや、分からんぞ」

 ふいに背後から、声を掛けられる。振り向くと、学ラン姿の牧野が立っていた。彼も今、登校してきたようだ。

「あの“でもどり”のJOYが、このごろ自分から努力するようになってきてるだろう」

「あ……うむ」

「もともと素質のあるやつなんだし。あのままがんばれば、夏の大会が始まるころには……まあおまえを抜くとまでは言わねえが、互角ぐらいの力をつけていても、不思議じゃねえよ」

「はん。そうやとしても、ワイは面白うないわ」

 近藤が面白くなさそうに言った、その時だった。

「……こ、こんにちは」

 今度は慎二を先頭にした二年生の一団が、やや気まずそうに挨拶してくる。

「な、なんでえ」

 牧野が驚いて目を丸くする。

「やつらまでランニングかよ。いったい、どうなってやがんだ」

 二年生の一団は、そのまま校門をくぐりグラウンドへと向かう。ところが、そのうちの一人、山下がこちらに引き返してきた。そして牧野の前で立ち止まる。

「あの……きのうは生意気を言って、すみませんでした!」

 深々と一礼して、山下は踵を返す。

「なんだあいつ……」

 牧野はそう胸の内につぶやいた。その後、クスッと笑う。

「けどあいつら、なんだかんだでやる気を出してきたな。面白くなってきたぞ」

 ふいに「おい牧野」と、近藤が話しかけてくる。

「どうした?」

「こうしちゃおれへん。ワイも投げ込みするから、ちょいとつき合うてくれへん?」

 そう言うと、返事も聞かずにグラウンドへと駆けていく。

「なんだよ。ワガママなやつめ」

 けど、とひそかにつぶやく。

「事によると……あいつが一番、伸びるかもしんねえな」

 そして牧野も、学生カバンを手に駆け出した。

<次話へのリンク>

stand16.hatenablog.com

 

 

※感想掲示

9227.teacup.com

 

【各話へのリンク】

 

stand16.hatenablog.com