南風の記憶

沖縄の高校野球応援! また野球小説<「続・プレイボール」ーちばあきお原作「プレイボール」もう一つの続編」連載中。俳句関連、その他社会問題についても書いています。

(2022.5.16『続・プレイボール』最新話更新!)【野球小説】『続・プレイボール』『続・キャプテン』 ~各話へのリンクその他~ <ちばあきお『プレイボール』『キャプテン』続編>

【野球小説】続・プレイボール

 

f:id:stand16:20190713083954j:plain

【目次】

 

1.あらすじ 

(1)続・キャプテン

 ちばあきお「キャプテン」の”もう一つの”続編。

 物語は近藤キャプテンを主人公として、春の選抜大会で敗れた直後から始まる。「来年さらに強くなる」ことを目標に再スタートした現チーム。しかし”夏”もあきらめたわけじゃない。近藤流チーム作りとは!? 

 

(2)続・プレイボール

 ちばあきお「プレイボール」の”もう一つの”続編。

 物語は、あの谷原との練習試合に大敗した直後から始まる。キャプテン・谷口タカオ率いる墨谷高校野球部は、夏の甲子園出場を果たすことができるのか!?

 

2.目次(各話へのリンク) ※2022.5.16最新話更新

<『続・キャプテン』>

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

<『続・プレイボール』>

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

 

 

3.その他関連リンク

①感想掲示

minamikaze2022.bbs.fc2.com


 

②小ネタ集(※ギャグテイスト)

 

stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

 
stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

 

 

 

 

ちばあきお『プレイボール』『キャプテン』関連批評記事

stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com


stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com


stand16.hatenablog.com


stand16.hatenablog.com

stand16.hatenablog.com

 

【野球小説】続・プレイボール<第67話「一進一退!!の巻」>――ちばあきお『プレイボール』続編(※リライト版)

 

 

 f:id:stand16:20190713083954j:plain

【目次】

  • 【前話へのリンク】
  • <外伝> 
  •  第67話 一進一退!!の巻
    • 1.ピンチをしのげ!
    • 2.ねらいダマをしぼれ!
    • <次話へのリンク>
      • ※感想掲示
      • 【各話へのリンク】

  

 

【前話へのリンク】

stand16.hatenablog.com

 

 

<外伝> 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

 第67話 一進一退!!の巻

www.youtube.com

 

1.ピンチをしのげ!

―― 夏の甲子園大会。墨高対城田の一回戦は、城田が一点リードのまま、終盤の七回表をむかえていた。

 この回の先頭は、城田の三番打者・矢野である。

 

 右打席の矢野は、バットを短めに構え、ホームベース寄りに立つ。

「まずコレよ」

 倉橋はサインを出し、ミットをアウトコース低めに構える。マウンド上にて谷口はうなずき、ワインドアップモーションから投球動作を始めた。

 アウトコース低めへのカーブ。矢野は、手を出さず。

「ボール!」

 アンパイアのコール。くっ、と倉橋は唇を歪める。

(さっきまで外へ逃げるタマには、少々ボール気味でも手を出してくれたんだが……さすがに見きわめるようになってきたか)

 二球目。今度はインコースに速球を投じた。しかし矢野は、これを引っ張ってあっさりファールにする。

(今のはわざとファールにしたな。しかもインコースにくると、分かってたようだ)

 谷口に返球し、倉橋は思案を巡らせる。

(だが分かっててファールにしたということは、ねらいはアウトコースだ)

 三球目はインコースにシュート。矢野は見送り、僅かに外れボール。

 続く四球目は、またもインコースに今度はカーブ。矢野はこれも手を出さず、コースいっぱいに決まる。さらに五球目は、インコース高めの速球。矢野はスイングするも、打球は三塁側スタンドに落ち、ファール。ツーエンドツー、イーブンカウント。

 ちぇっ、と倉橋はひそかに苦笑いした。

(こいつら……谷口のタマに、だんだん目が慣れてきてやがる。さっきからカンタンには打ち取らせてくれなくなったな)

 そして六球目。倉橋は、アウトコースにカーブを要求した。谷口はうなずき、すぐに投球動作へと移る。その指先からボールを放つ。

 矢野のバットが回り、ライトへライナー性の打球を弾き返した。

「ら、ライト!」

 谷口の声よりも先に、ライト久保が背走し始める。あわや抜けるかと思われたが、久保はフェンス手前でくるっとこちら向きになり、顔の前で捕球する。

 ホッ、と谷口は小さく吐息をついた。

「あぶない。今のは、少し高かったな」

 倉橋もフウと溜息をつき、マスクを被り直す。

「さすが伝統校。よく喰らいついてくるぜ」

 ほどなく次打者の四番沢村が、右打席に入ってくる。

(ランナーなしだが、この四番には一発がある)

 警戒心を募らせ、倉橋はホームベース奥に屈み込む。

「コレからいこうか」

 サインを出すと、谷口は驚いたように目を見開く。「フォークから?」と言いたげだ。倉橋は渋面でうなずく。

(ほかのボールは、やつらタイミングを合わせてきてる。一番打ちづらいタマからいこう)

「……うむ」

 谷口は納得したように、首を縦に振る。そしてワインドアップモーションから、第一球を投じた。

 コースは真ん中低め。速球と同じ軌道で、ストンと落ちる。沢村のバットは空を切った。

「ナイスボールよ谷口」

 声を掛け、倉橋は返球する。そして初球と同じサインを出す。

(フォークにはまだタイミングが合っちゃいない。今のうちに、さっさと追いこもう)

 む、と谷口はうなずく。そして要求通り、再び真ん中低めにフォークを投じた。

「くっ……」

 沢村はぐらっと体が泳ぎかける。それでも辛うじてバットのヘッドを残し、はらうようにスイングした。パシッと快音が響く。

「なにっ」

 倉橋の眼前で、速いゴロが二塁ベース右を破り、センターへ抜けていく。

(しまった。城田の連中、やはり目が慣れてきてやがる)

 渋面の正捕手。一方、エースは「ワンアウト!」と野手陣に声を掛ける。

「久しぶりのランナーだ。一つずつ、かく実にアウトを取っていこう」

 オウヨッ、とナイン達は快活に応える。

「……そうだったな」

 倉橋はひそかにつぶやく。

「まだ一人出しただけ。これぐらいのピンチは、今まで何度も乗りこえてきたものな」

 ワンアウト一塁。ここで五番打者の今井が、左打席に入ってくる。

(左バッターか。シュートが使えるな)

 初球。倉橋は「まずコレよ」とサインを出し、ミットをアウトコースに構えた。谷口は「む」とうなずき、セットポジションから投球動作を始める。

 アウトコース低めから、外へ逃げるシュート。

 今井は右足を踏み込み、スイングした。快音が響く。鋭いライナーがレフト線へ飛んだ。しかし左へスライスし、ファール。

 痛烈な当たりだったが、倉橋は一人ほくそ笑む。

(あんなボール球を強引に打ちにくるたあ、よほどアウトコースを意識してるようだ。それなら……)

 倉橋は「つぎもコレよ」と、同じサインを出す。そしてミットを、さらに外へずらした。

「……なるほど」

 谷口は倉橋の意図を汲む。そしてサインにうなずき、二球目を投じる。

 初球よりもさらに外寄りのシュート。明らかなボール球だが、今井は追いかけるようにスイングした。今度はバットの先端に当たり、三塁側ベンチ方向へ転がっていく。またもファールとなり、ツーナッシング。

「し、しまった」

 今井が苦い顔になる。

 マウンド上。谷口はテンポよく、三球目を投じた。初球、二球目とは一転して、インコース低めに沈むカーブ。

「……うっ」

 倉橋のミットが鳴る。今井は手が出ず。その傍らで、アンパイアが「ストライク、バッターアウト!」とコールした。

(フン。アウトコースねらいがミエミエなんだよ)

 マスクを被り直す倉橋の前で、今井が肩を落としベンチへ引き上げていく。

「つぎは六番か」

 今井と入れ替わりに、六番打者の伊予が右打席に立つ。倉橋はホームベース奥に屈み、束の間思案する。

(こいつら。ほんらいは苦手のアウトコースを、あいかわらずねらってやがる。ここは思いきって、インコースを攻めてみるか)

 サイン交換の後の初球。谷口は速球を、インコース低めに投じた。

 その瞬間、伊予は左足を大きく外へ開き、強振した。パシッと快音が響く。打球はジャンプしたサード岡村の頭上を越え、レフトのライン際で弾んだ。

「ボール、サードだ!」

 谷口が叫ぶ。ランナー沢村は二塁ベースを蹴りかけるも、レフト横井が回り込んで捕球し、素早く中継のイガラシへ返す。そしてイガラシが、三塁へ矢のような送球。沢村は「おっと」と、慌てて頭から帰塁した。

(くそっ、ヤマをはられたか……)

 倉橋は唇を歪める。

 続く七番安田は、インコースのカーブが膝を掠める。死球となり、ツーアウトながら満塁と、城田がチャンスを広げる。

「た、タイム」

 倉橋はアンパイアに合図して、内野陣をマウンドに集めた。そして自らもその輪に加わる。

「やつらここにきて、よく喰らいついてくるようになりましたね」

 加藤の言葉に、丸井が「感心してる場合かよ」とたしなめる。

「こちとら二回に一点を返したきり、なかなか追加点を取れずにいるんだ。ここで点差を広げられるようなことがあれば、かなり苦しくなるぞ」

 そうですね、と岡村がうなずく。

「残り三回。一点差と二点差では、大きくちがってきますから」

「だいじょうぶ。きっと、おさえられますよ」

 気楽そうに言ったのは、意外にもイガラシだった。

「なんでそんなことが言えるんだよ」

 険しい眼差しを向ける丸井に、イガラシは穏やかな口調で答える。

「やつらのバッティングですよ」

「バッティング?」

「さっきのバッター。ヤマをはるのはいいにしても、フォームをくずしてまで打ちにきてたでしょう」

 あっ、と数人が声を上げる。

「今回だけじゃなく、やつら苦手コースを悟られまいとするあまり、きょくたんに足を踏みこんだり開いたり、強引なバッティングが目立ちます」

「そういうことか」

 倉橋が首肯した。

「いぜん、谷口も言ってたな。自分のフォームをくずしてまで打ちにくると、あとあと攻めやすくなるって」

 ハハ、と谷口は笑い声を上げた。

「なんだか、おれが言おうとしてたことを、みんなに言われちゃったみたいだ」

 それで、とイガラシが一転して真剣な眼差しで尋ねてくる。

「守りはどうしましょう? やはり前進守備を敷きますか」

「いや、内野は定位置でいい」

 キャプテンはきっぱりと言った。

「その代わり外野を前に来させて、内野との間を狭くしよう」

 なるほど、とイガラシはうなずく。

ポテンヒットを防ぐのですね」

「そういうことだ。つぎの八番はパワーはないし、あの打ち方じゃ外野へ大飛球を運ぶのはむずかしい」

 倉橋が「ふむ」と顎に手をやり、僅かに笑む。

「だいたい話はまとまったな」

 ようし、と谷口が気合を込めて言った。

「いいかみんな。このピンチをなんとしてもしのいで、ウラの反げきにつなげるぞ!」

 ナイン達は、快活に「オウヨッ」と声を揃える。

 ほどなくタイムが解け、内野陣は守備位置へと戻っていく。その時、ふいに谷口が「加藤、岡村。ちょっと」と二人を呼び止めた。

「は、はい」

「なんでしょう」

 加藤と岡村は、怪訝そうに振り返る。

「つぎの打者への初球だが……」

 そう谷口が言いかけると、加藤は「ああ」と笑みを浮かべた。

「分かってますよ。奇襲に気をつけろ、でしょう?」

「あ、うむ」

「ここまで見る限り、そういうのが得意そうなチームですからね」

 岡村も「ええ」と同調する。

「ぼくも心得てます」

 そうか、と谷口は微笑む。

「分かってるならいいんだ。二人とも、しっかりたのむぞ」

 岡村は「はい」と返事して、加藤も「まかせといてください」と胸を張る。

 

 

 一塁側ベンチ。城田監督は渋面で、グラウンド上を見つめていた。

(ひさしぶりのピンチだというのに。墨高のやつら、まるで浮足立つ気配がない。さすが予選で、強豪をつぎつぎ倒してきたチーム勿だけある)

 しばし思案した後、監督は自分の左肩と手首に一度ずつ触れ、打席を外していた井上へサインを出す。

(まともに勝負したんじゃ、打ち取られる。ここは揺さぶりをかけてみよう)

 井上はヘルメットのつばを摘まみ、「了解」の合図をした。

 

 

 マウンド上。谷口はロージンバックを拾い、右手に馴染ませる。その間、井上は右打席に戻り、バットを短めに構えた。

「……そろそろいくか」

 谷口はロージンバックを足下に放り、セットポジションに着く。そして倉橋のサインにうなずき、投球動作を始めた。

 その瞬間、井上はバットを寝かせる。セーフティバント。しかしすでに、サード岡村とファースト加藤がダッシュしていた。

「うっ」

 井上は慌ててバットを引く。速球がアウトコース高めいっぱいに決まり、ワンストライク。

(まさか、読まれてたのか?)

 一旦打席を外し、井上はマウンド上を睨む。

(くそっ。守備隊形から見て、サードかファーストに捕らせればセーフだと思ったが……)

 唇を歪めつつ、井上はベンチの監督を見やる。今度は別のサインが出される。

(……なるほど。たしかにコレなら、つぎこそやつらの意表をつけるな)

 胸の内につぶやき、井上は打席に戻った。そしてまたバットを短めに構える。

「さあこい!」

 短く気合の声を発した。

 マウンド上。谷口は再びセットポジションから、第二球を投じる。今度はインコース低めのカーブ。井上がバットを寝かせ、またも加藤と岡村がダッシュ

 ところが井上は、瞬間的に寝かせたバットを立て、上からボールを叩き付けた。

「しまった、バスターだ!」

 打球はワンバウンドして、ジャンプした岡村の頭上を越える。そのままレフトへ抜けていくと思われた。

「よし……えっ」

 一塁へ駆け出した井上の視線の先。なんとすでにショートのイガラシがカバーに入り、軽快なステップで捕球した。そして咄嗟の判断で、すでに丸井がベースカバーに入っていた二塁へ素早く送球する。

「くそっ」

 一塁ランナー安田はヘッドスライディングするも、その前に丸井のグラブが鳴る。二塁フォースアウト

「スリーアウト、チェンジ!」

 アンパイアのコール。城田応援団の一塁側スタンドから、ああ……と溜息が漏れる。

「ナイスプレーよイガラシ」

 好守の後輩に、キャプテンが声を掛ける。

「なーに、これぐらい」

 イガラシはポーカーフェイスのまま、事もなげに言った。

「練習で何度もやった形でしたからね」

 二人の会話に、井上は一塁ベースの傍らでぐっと右こぶしを握り締める。

「やつらめ。すべて、想定済みだったってわけか」

 悔しさを隠しきれない井上の眼前を、ピンチを切り抜けた墨高ナインが足早にベンチへと引き上げていく。

 

 

2.ねらいダマをしぼれ!

 七回裏開始前。谷口はタイムを取り、ベンチ奥にナイン達と円陣を組む。

「ここまでの打席で、みんなだいたい分かったと思うが」

 声をひそめて、谷口は言った。

「向こうはボール先行すると、低めの速球でストライクを取りにくる。またワンエンドワンのカウントだと遅いカーブ、そして追いこむとあの速いカーブを投げてくる傾向がある」

 墨高ナインは前屈みになり、黙ってキャプテンの話を聞いている。

「そこで追いこまれるまでは、遅いカーブか低めの速球か、どちらかに絞るんだ。そしてもし追いこまれたら、できるだけ速いカーブはファールにして、ほかのタマがくるのをまつ。いいな!」

 ナイン達は「はいっ」と、気合を込めて返事した。

 円陣を解いた後、松川が「肩を作ってきます」と、谷口に声を掛けた。

「おう、たのむぞ」

 そう返した後、谷口はふいに「松川」と呼び止める。

「は、はい」

「つぎの八回からリリーフの予定だが、だいじょうぶか?」

「え、ええ。もちろんですよ」

 松川は微笑んで答えた。

「六回から準備してますし。行けと言われたら、いつでも行けます」

「そうか。ならいいんだ」

「はい、まかせてください」

 それだけ言葉を交わし、松川は控え捕手の根岸を伴い、ベンチを出て駆け出す。

 投球練習を行うレフト側ファールグラウンドに着くと、松川はフウと溜息をついた。根岸に「どうしたんスか?」と尋ねられる。

「いや……ウワサには聞いてたが、甲子園ってこんなに暑いのかと思ってな」

「ええ。あの剣道着の特訓、やっといてよかったスね」

「あ、うむ。そうだな……」

 なぜか松川は、少し浮かない顔で言った。

 一方、この回の先頭打者・八番加藤は、バットを手に三塁側ベンチを出た。そして左打席に立ち、バットを構え気合の声を発す。

「ようし、こい!」

 ホームベース奥。キャッチャー沢村は「まずコレよ」と矢野にサインを出し、ミットをインコース高めに構える。

 マウンド上の矢野は「む」とサインにうなずき、ワインドアップモーションから第一球を投じた。

 快速球が、インコース高めに飛び込んでくる。しかし加藤は、悠然と見送った。僅かながら高めに外れ、判定はボール。

 加藤はひそかにほくそ笑む。

(フフ。たしかに速いが、予選で戦った佐野や村井ほどのコントロールがあるわけじゃない。それにもう七回、さすがに目が慣れてきたぜ)

 二球目はアウトコース低めのカーブ。加藤は一瞬手が出かかるも、寸前でバットを引く。

「ボール、ロー!」

 アンパイアのコール。おや、と加藤は目を見開く。

(ワンボールからのカーブは、今までほとんどストライクに入ってきたのに。ひょっとして……やつもここにきて、疲れが出てきたんじゃ)

 傍らで、沢村が「いいボールよ矢野」と、少し笑んで返球した。しかし内心で、まいったなとつぶやく。

(今ので凡打にしとめたかったが、きっちり見きわめられたか。下位打線のくせに、いい目してやがる)

 そして三球目。矢野は速球をインコース低めに投じた。加藤は「きたっ」と、バットをコンパクトに振り抜く。

 パシッ。速いゴロが、一・二塁間を抜けていく。ライト前ヒット、ノーアウト一塁。

「やった!」

「ナイスバッティングよ加藤」

 沸き立つ三塁側ベンチとスタンド。他方、沢村は「くっ」と唇を歪める。

 続く九番久保は、始めからバントの構えをする。対するマウンド上の矢野は、沢村のサインにうなずき、セットポジションから第一球を投じた。

 アウトコース低めの速いカーブ。久保は、ボールがミットに収まる寸前でバットを引く。

「ボール!」

 判定に、久保は小さく溜息をついた。

(うーむ……今のタマは、まだキレがあるな。ヘタに当てりゃ、打ち上げちまう)

 城田バッテリーがサイン交換を済ませると、久保は再びバットを寝かせる。

 二球目。矢野はまたも、アウトコースに速いカーブを投じてきた。久保は、今度はすぐにバットを引く。ボールは僅かに外れ、ノーツーのカウントとなった。

(へへ。いくらキレがあっても、さすがに終盤ともなれば、ストライクとボールの区別くらいはつくぜ。そしてボール先行になったということは……)

 一旦打席を外し、ベンチを振り向くと、谷口が手振りでサインを出していた。久保はヘルメットのつばを摘まみ、「了解」と合図する。

「矢野、つぎはコレよ」

 マウンド上。こちらもキャッチャー沢村とサインを交換し、セットポジションから投球動作へと移る。

「ゴー!」

 谷口が叫ぶ。その瞬間、一塁ランナー加藤がスタートした。

 矢野が投じたのは、アウトコースへの遅いカーブ。久保はこれをおっつけるようにして、ショートが二塁ベースカバーに入り広く空いた三遊間へ、ゴロを弾き返した。打球はそのままレフトへ転がっていく。

「ボール、サード!」

 沢村が立ち上がり、指示を飛ばす。しかしレフト雪村がシングルハンドで捕球し、中継のショート烏丸へ返した時、すでにランナー加藤は三塁に右足から滑り込んでいた。

 ヒットエンドラン成功。ノーアウト一・三塁。

「よしっ」

 三塁側ベンチにて、谷口が右こぶしを握る。

「これで逆転への足がかりができたわけだ」

 一方、沢村は険しい表情で、腰に右手を当てる。

(くそっ。さっきの八番といい、今の九番といい、まるではかったように打ち返しやがって。まさか、墨高のやつら……)

 その時だった。

「タイム!」

 城田監督がベンチを出て、アンパイアに合図した。そして矢野と沢村のバッテリーを呼び寄せる。

 

 

「どうも、よくないあんばいだな」

 一塁側ベンチ手前。城田監督は、腕組みしつつ渋面で言った。

「ええ、そうですね」

 矢野が苦い顔で返事する。

「下位打線にチャンスを作らせてしまって」

「それだけじゃない」

 傍らで、沢村が小さくかぶりを振る。

「墨高のやつら。こっちがボール先行した時、低めの速球か遅いカーブのどちらかでストライクを取りにきてること、おそらく見破ってるぞ」

 えっ、と矢野は目を見開いた。監督は「そのようだな」とうなずく。

「予選じゃ多少球威が落ちても、きちんとコースを突けば打たれなかったが。さすがに全国レベルともなると、そうはいかんらしい」

「どうしましょう、監督」

 沢村が目を見上げ、尋ねる。

「このままだとストライクを取りにきたタマをねらい打ちされます。かといって、投球の組み立てを変えてしまうと、四球のおそれが」

 うーむ、と監督はしばし思案する。それから口を開いた。

「こうなったらコースは気にせず、速いカーブと高めの速球を多投して、ボールの力で打ち取っていくことだ」

 えっ、しかし……と沢村は異を唱える。

「この二つはたしかに威力はありますが、ストライクになるかは五分五分です。ただでさえ僅差の終盤に、ランナーをためてしまっては」

「低めの速球や遅いカーブを使うなとは言ってない」

 渋面のまま、監督は答えた。

「ようはボール先行した時ばかり投げるから、ねらい打たれるんだろう。だったら、そのパターンを変えればいいじゃないか」

「な、なるほど」

 沢村はようやく理解した。

「つまり速いカウントやストライク先行した時にも投げて、やつらにねらいダマをしぼらせないようにするというわけですね」

「うむ。そういうことだ」

「で、ですが監督」

 今度は矢野が口を挟む。

「組み立てを変えたところで、やつらまた低めの速球や遅いカーブをねらってくるんじゃ」

「たしかにその可能性はある」

 指揮官はあっさり認めた。

「しかしさっきのように、いつ投げてくるかまで読まれるよりは、ずっとマシさ。急にきたねらいダマなら、力んで打ちそんじることもあるからな。それと沢村」

「は、はい」

「この終盤のピンチ。もう四球を気にするより、矢野のいちばんのタマを引き出すようにリードするんだ」

 沢村は、ハッとしたように顔を上げる。

「矢野、おまえもだ」

 監督はさらに、一年生投手にも言葉を投げかけた。

「おまえは一年生とはいえ、うちのエースとして認められた男なんだ。エースならこういう時こそ、自分のタマを信じて投げないでどうする」

「わ、分かりました」

 意思の固まった二人に、監督はさらに檄を飛ばす。

「逃げに回れば、向こうはさらに勢いを増す。ここは逃げずに、おまえ達のありったけの力で、墨谷をねじ伏せてくるんだ。いいな!」

 バッテリー二人は、「はいっ」と声を揃えた。

 

 

 三塁側スタンド。田所は腕組みしつつ、「うーむ」と唇を結ぶ。

「なんとかなると思っているうちに、七回まできちまったな。今までも、再三チャンスは作ってきたんだが」

 そして拝むように、両手を合わせる。

「たのむぞおまえ達。どうにかこのチャンスをモノにして、記念すべき墨高野球部の甲子園初勝利を、おれに見せてくれ」

 眼下のグラウンドでは、ネクストバッターズサークルにて、次打者の丸井がマスコットバットをブンブンと振り回す。

 

 

 やがてタイムが解け、沢村と矢野はそれぞれのポジションへと戻る。

「バッターラップ!」

 アンパイアのコールと同時に、墨高の一番打者丸井が右打席に入ってきた。

(こいつをねじ伏せて、向こうの勢いを断つんだ)

 そう胸の内につぶやき、沢村はサインを出す。

(まずコレで、いっちょおどかしてやるか)

 マウンド上。矢野はサインにうなずき、セットポジションから投球動作へと移る。その指先から、ボールを放つ。

 インコース高めに、速球が飛び込んできた。丸井はピクリとも動かず、悠然と見送る。

「ボール!」

 やれやれ……と、沢村は小さくかぶりを振る。

(のけぞるどころか、目が座ってら。さすが谷原を倒したチームのトップバッターだぜ。だが、今までと同じようにいくと思うなよ!)

 二球目。今度はアウトコース低めに、あの速いカーブを投じた。丸井は手が出ない。ストライクゾーンいっぱいに決まり、ワンストライク。えっ、と打者は面食らう。

(今まで追いこむまで投げてこなかったのに。ここにきて、やつら組み立てを変えたのか)

 丸井の様子に、沢村はフフとほくそ笑む。

(向こうがこっちの組み立てを読んでたこと、ぎゃくに利用させてもらうぜ)

 続く三球目も、同じくアウトコース低めに速いカーブ。丸井は空振りし、あっという間にツーストライクと追い込まれる。

「た、タイム!」

 丸井は一旦打席を外し、味方ベンチを見やる。

(キャプテン。どうすれば……) 

 

 

「バッター勝負に徹してきたか」

 三塁側ベンチ。相手バッテリーの張りつめた表情から、谷口はそう察した。

「どうやらこっちが組み立てを読んでいること、あちらさんにバレちまったようだな」

 ヘルメットを被りながら、倉橋が憂う目で言った。

「マズイぞ谷口。もしこの回、無得点に終わるようなことがあれば……」

 いや、と谷口はきっぱりと答える。

「これはむしろ、チャンスだ」

 ベンチの後列より、横井が「どういうことだよ」と問うてくる。

「ランナーが二人もいるのに、向こうはバッターを打ち取ることしか考えていない。ということは、いくらでも揺さぶるスキがあるってことだ」

「ほ、ほんとかよ」

 なおも訝しげな目を向ける倉橋に、谷口は「まあ見ててくれ」と僅かに笑んだ。そして打席を外し、こちらに視線を向ける丸井に、手振りでサインを伝える。

「……な、なにっ」

 サインの内容に、倉橋は驚いて目を丸くする。

「そりゃちと、キケンじゃないのか」

「丸井ならだいじょうぶだ。これぐらいの鍛錬(たんれん)は、積んできてるからな」

 当の丸井は、一瞬目を見開くも、すぐにヘルメットのつばを摘まみ「了解」と合図した。

 

 

 丸井が打席に戻ると、沢村はすぐに次のサインを出す。

(やはり速いカーブには、まるで合ってない。ここは一気にカタをつけるぞ)

 迎えた四球目。矢野はまたもセットポジションから、投球動作を始めた。

 その瞬間。三塁ランナー加藤がスタートし、丸井はバットを寝かせる。そして手元で鋭く曲がるカーブに飛びつくようにして、ボールを一塁線に転がした。

(なにっ、スリーバントスクイズだと!?)

 驚く沢村の眼前で、加藤が右足からホームに滑り込む。ダッシュしてきたファースト今井が打球を処理し、素早くベースカバーの矢野へ送球する。丸井は間一髪アウト。

 スクイズ成功。墨高、二対二の同点に追い付く。なおもワンアウト二塁のチャンス。

「ナイスバントよ丸井」

「加藤もいいスタートだったぞ」

「よし、この勢いで逆転だ!」

 沸き立つ三塁側ベンチとスタンド。一方、沢村は「くっ」と歯噛みする。

(しまった。バッターを打ち取ることだけ考えて、スクイズなんて頭にもなかった……)

 沢村の動揺をよそに、すぐさま試合は再開される。

(落ちつけ、まだ同点になっただけだ。ここをしのげば、必ず勝ちこせる)

 どうにか気を鎮めようとする沢村。その傍らで、次打者の島田が右打席に入る。

(こいつはスイッチヒッターだったな。この日はずっと左でノーヒットだったから、ここにきて右に変えてきたのか。しかし、それだけで打てるものか)

 初球。沢村は「まずコレよ」とサインを出し、ミットをインコースに構えた。矢野の投球は、インコース低めの遅いカーブ。

 次の瞬間、二塁ランナーの久保がスタートした。

「なんだとっ」

 島田は空振りし、前へつんのめる。明らかに意図的である。完全に意表を突かれたことと、打者の体に邪魔されたことで、沢村は三塁へ送球すらできず。

「くそっ、好き放題しやが……」

「切りかえろ沢村!」

 冷静さを失いかける正捕手に、サード安田が声を掛ける。

「どっちみちヒットを許せば一点だ。もうランナーは気にせず、バッターを打ち取ることに専念しろ!」

 そうだ、とファーストの今井も言葉を重ねる。

「つぎ向こうがなにか仕かけてきたら、おれ達がなんとかしてやる。安田の言うとおり、おまえはバッターに集中するんだ」

 フッと、僅かに沢村の表情が緩む。

「オウヨ。みんな、たのんだぜ」

 沢村はナイン達に声を掛け、マスクを被り屈み込む。

 

 

 ワンアウト三塁で試合再開。城田の内野陣は、沢村の指示で前進守備を敷いた。打席の外にて、島田が「む」と渋い顔になる。

「ここまで警戒されちゃ、ちとスクイズはむずかしな。打って返さねば」

 島田は再び右打席に入り、バットを構えた。

「さあこい!」

 マウンド上の矢野は、沢村のサインにうなずくと、すぐに三球目を投じてきた。

 インコース高めの速球。島田は手が出ず。コースいっぱいに決まり、早くもツーストライクとなる。

 ちぇっ、と島田は軽く舌打ちした。

「バッターとの勝負に専念すると、さすがに球威がちがうぜ」

 三球目は、アウトコース低めにあの速いカーブ。島田は辛うじてチップさせる。四球目はまたインコース高めの速球。これは僅かに外れる。五球目は一転して、真ん中低めに遅いカーブ。これも際どく外れ、カウントはツーエンドツー。

(フフ。さすがに勝負どころとあって、いいタマ投げてきやがるぜ)

 島田はバットを短く握り直す。

 一方、矢野はセットポジションから、テンポよく六球目の投球動作を始めた。そしてその指先から、ボールを放つ。

「……あっ」

 スピードを抑えたボールが、アウトコース低めに飛び込んできた。完全に意表を突かれた島田は、バットを出せず。

「ストライク、バッターアウト!」

 アンパイアのコールに、三塁側ベンチとスタンドから「ああ……」と大きな溜息が漏れる。

 

 

 ネクストバッターズサークル。次打者の倉橋は、ゆっくりと立ち上がる。

「……ツーアウトか」

 やがて、三振に倒れたばかりの島田が引き上げてくる。「スミマセン」と頭を下げた。

「せっかくのチャンスに、ランナーを返せなくて」

 なあに、と倉橋は笑って答える。

「まだアウトカウントは一つ残されてるじゃないか。それに、やつらはおまえを打ち取るのに、かなり力を使った。その影響が、きっと出てくる」

 後輩の左肩に、倉橋はポンと右手を置いた。

「見てろ島田。おまえのねばりをムダにはしない」

 そう言い置き、倉橋は右打席へと入っていく。

(どうにかツーアウトまでこぎつけたか……)

 バットを構えた倉橋の傍らで、城田のキャッチャー沢村は思案を巡らせる。

(パワーのある打者だが、ここは矢野の底力に賭ける。こいつも力でねじ伏せるぞ)

 そう決意し、サインを出す。

 初球。矢野はまたもアウトコース低めに、あの速いカーブを投じた。ところが沢村の眼前で、ボールはふわっとした軌道で飛び込んでくる。明らかな抜け球だ。

「しまった、曲がらない……」

 倉橋のバットが回る。そしてパシッと快音が響いた。

続きを読む

俳句初心者を尊大な物言いで潰す人

【目次】

f:id:stand16:20211127053312j:plain

 

1.初心者を尊大な物言いで“潰す人”

 俳句のことが分かってくると、嬉しくなってきて、ついつい初心者の方に教えたくなってしまう。教えるだけならまだしも、どこか“自分の方が相手より上”だと思い込んで、初心者の方に尊大な物言いをする人もいるらしい(私もそうならないように気を付けたい)。

 

 『プレバト!!』の夏井いつき先生のお陰で、俳句が広く世間に親しまれるようになったとはいえ、まだまだ“自分で作る”となるとハードルが高い。それなのに、せっかく「作ろう」と思い立った方の気持ちを、ちょっと俳句ができると思うようになった人が潰してしまう。こんなバカな話はない。

 

 私も似たような経験があり、少々不愉快な思いをした。ある掲示板のことでだが、俳句を上手くなりたければ「○○しなさい」と、上から目線で言ってくる人がいた。またそいつが、その掲示板によく書き込む年配者には、へりくだった態度を取るのである。

 この時、私はもうネット上の俳句応募でしばしば入選するほどには上達していたのだが、あえてそれを言うのもバカバカしいので黙っていた。

 

2.何年やっても「俳句が分からない」

 まあ「幸せな人だな」と、私は醒めた目で見ている。俳句とはやればやるほど、分からなくなるという側面があるからだ。私は間もなく句歴3年半を過ぎるが、今でも俳句を分かったなんて、とても恥ずかしくて言えない。

 

 いちおう、基本は分かる。俳句は「季語」+「それ以外の措辞」の“取り合わせ”でほぼ作られるということ(「季語」だけのことを詠む“一物仕立て”という型もある)。そして何より「季語を主役に立てる」ということ。また最近では、「読者に良い想像をさせる」のが良い句だと意識しながら、句を詠むようになった。

 

 初心者の方がここまでの文章を読めば、「この人は俳句をよく知ってる」と思うかもしれない。とんでもない。私ぐらいのレベルの人なんて、掃いて捨てるほどいるだろう。私よりも、もっと深く俳句を理解している人も、たくさんいる。私なんて、まだ“少し齧ったくらい”のレベルだと思う。

 

3.「質問しやすい」雰囲気の人に教えてもらえばOK!

 私がこれまで見てきた中で、初心者に尊大な態度を取る人というのは、中途半端な実力の人だ。ほんとうに私が“この人は凄い”と思う人は、誰に対しても謙虚だし、素直だし、何より探求心が凄い。そう……俳句を本当に究めようと思ったら、人にエラそうにしている暇などないはずである。

 

 初心者の方におかれましては、そういう輩の言うことなんか無視して、自分で「質問しやすそうな雰囲気の人」を見つけて教えてもらったらいい。きつい言葉に心を乱され、“自分は才能がないんじゃないか”などと思い悩むことはない。

 

 基本ができてくれば、自然と「入選は」できるようになってくる。だが、本当の俳句の奥深さと難しさを知るのは、ここからなのだ。

<雑記帳>好きな沖縄ソング5選

f:id:stand16:20220202223353j:plain

【目次】

<はじめに>

 私は生まれも育ちも沖縄だ。もっとも、その沖縄が大好きか?と問われたら……自信を持って答えられない。大好きだ、沖縄に生まれてよかった――そう自信を持って答えていた時期もあった。しかし大人になると、様々なことが見えてくる。

 

 この地の良さばかりでなく、どうしようもない所も目に付いて、ゲンナリすることも増えてきた。それは都会に住む地方出身者が「故郷(ふるさと)」という言葉を聞いた時、それを百パーセント良いイメージで捉えられないのと、似ているのかもしれない。

 

 さて、もう一つのブログでも行ったが、今回は「印象的な沖縄ソング」を紹介することとしたい。前回は“好きな沖縄ソング”ということだったが、今回は好き嫌いとは別に、強く印象に残っていたり、どこか心に引っかかってしまう曲を取り上げることとする。なお、前回のものと被ってしまう曲もあるので、ご承知いただきたい。

 

1.琉球愛歌(モンゴル800)

 良曲だとは思うのだが、いろいろなことを知った後で聴くと、どうしても複雑な気持ちになってしまう曲。

 

 歌詞では、どの国も“上辺だけの付き合い”をやめ、“武力を使わず、自然を愛する”琉球の心を取り戻そうと訴えるのだが――どうも「純情すぎる」ように感じてしまうのだ。

 

 そもそも武力を使えなかった琉球は、薩摩の侵略を許してしまった。

仮にそれがなかったとしても、当時の帝国主義の世界情勢を思えば、どこかの国に乗っ取られていた可能性が高い(おそらく中国)。結果的にではあるが、薩摩に侵略されて“日本の一部”になれた分、琉球そして沖縄は、まだシアワセだったと思う。

 

 そりゃ武力を使わず、自然を愛し、どこの国とも仲良くなれれば、それに越したことはない。だが現実には、こちらが仲良くしようとしても敵意しか見せない国や、隙あらばこちらの利益を吸い取ってしまおうと考える国もあるのだから、どうしようもない。

 

 まあ別にモンゴル800は、政治的な意図でこの曲を作ったわけではないだろうし、素直に楽しめば良いのだが、私はどうしても心に引っ掛かりを感じてしまう。申し訳ないが。

 

 

2.童神(古謝美佐子

 優しい気持ちになれる曲。子供を大切に育てようとする、沖縄本来の温かさを感じさせる曲。こちらは好きな曲でもある。

 歌手には古謝美佐子氏の名前を書いたが、他にも夏川りみさん、元SPEEDの島袋寛子さん等多くの方がカバーしている。それだけ誰が歌っても、共感できる曲なのだろう。

 

 ヤマトグチ・バージョンとウチナーグチ・バージョンがある。どちらも良いのだが、個人的にはウチナーグチ(沖縄方言)・バージョンが好きだ。こちらの方が、子供を大切に育てたいと願う親心の奥に、子供達を包み込む沖縄の風が吹いてくるような、そんな気がする。

 

3.島人ぬ宝(BEGIN)

 確か、私が高校生の時にリリースされた曲だと思うが、その歌詞に心を刺された。

 

 一昨年、首里城が火事になってしまい、私も大きな喪失感を覚えたが……その首里城へ行ったことは、実は小学生の社会見学か何かで行って時以来、ないのである。普段、そのありがたみを感じてもなかったくせに、なくなってしまってから嘆くというのも、随分と都合のいい話だなと、我ながら反省させられた。

 

 首里城に限らず、私は沖縄のことを何も知らないのではいか。「トゥバラーマ」や「デンサー節」どころではない。この地に暮らしてきた先人達が、何を思い、何に苦しみ、何に喜び、そして何を大切にしてきたのか。それを自分は知らずに育ってきたのだ。そのことに、この『島人ぬ宝』は気付かせてくれた。

そう……自分には今まで気づかなかった、たくさんの“宝”があるということを。

 

 

4.オジー自慢のオリオンビール(BEGIN)

 この曲は、単純に楽しめる曲。島酒、島マース、島ぞうり。そしてビアガーデンでの高校野球応援。沖縄ならではの光景が歌詞に溢れ、思わずニヤッとしてしまう。

 

 残念ながら、私のオジーは私がビールを飲める歳になった時には、二人とも旅立ってしまっていた。それが残念でならない。その代わり、母方の祖父の十三回忌には、オジーの写真を囲み、親戚のオジサン達とまさにオリオンビールを酌み交わしたものだ。

 

 最後の子供はジュースで乾杯というのも、可愛いね(笑)。

 

 

5.ハイサイおじさん喜納昌吉&チャンプルーズ)

 この曲が以前「酒飲みの歌」などと言われ、高校野球の応援にはふさわしくないとのたまったお人がいたらしいが、どうしようもないバカだなと思う。そのため一時期、沖縄県代表の応援に使われなくなったことがあったが、とても寂しかった。

 

 「ハイサイおじさん」ほど、沖縄の応援にふさわしい曲はないのに。この曲をないがしろにしたことが、最近の沖縄高校野球の低迷のきっかけではなかったかと、私は半ば本気で信じている(苦笑)。

 

 この曲は――れっきとした“反戦歌”なのだ。

 

 この曲に出てくるオジサンのモデルは、喜納昌吉が少年時代、隣に住んでいた人らしい(もともとは校長先生にまでなった優秀な人だっという話もある)。戦乱の中で正気を失い、酒に手を出し、アル中になってしまったという。

 

 そう。あのどこかコミカルな歌詞の背景には、沖縄戦の生々しい傷跡があるのだ。しかし、ウチナーンチュはいつまでも悲しみに、打ちひしがれてはいない。悲しくとも前を向き、陽気に笑い、歌う。それがウチナーンチュの強さだと私は思う。だから甲子園の沖縄代表の応援歌として、ピタッとはまったのではないだろうか。

 

 あの興南東海大相模の決勝戦甲子園球場を流れる「ハイサイおじさん」の旋律に、私は鳥肌が立ち、最後には涙がこぼれてしまった。私の心の奥に深く刻まれた、最も印象的な沖縄ソングである。

 

<終わりに>※各曲のYoutubeへのリンク

1.琉球愛花

www.youtube.com

2.童神

www.youtube.com

3.島人ぬ宝

www.youtube.com

4.オジー自慢のオリオンビール

www.youtube.com

5.ハイサイおじさん

www.youtube.com

【野球小説】続・プレイボール<第66話「相手の弱点をさぐれ!の巻」>――ちばあきお『プレイボール』続編(※リライト版)

 

 

 f:id:stand16:20190713083954j:plain

【目次】

  • 【前話へのリンク】
  • <外伝> 
  •  第66話 相手の弱点をさぐれ!の巻
    • <登場人物紹介>
    • 1.谷口の気づき
    • 2.城田バッテリーの投球パターン
    • 3.甲子園初得点
    • <次話へのリンク>
      • ※感想掲示
      • 【各話へのリンク】

  

 

【前話へのリンク】

stand16.hatenablog.com

 


 


 


 

<外伝> 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

 第66話 相手の弱点をさぐれ!の巻

www.youtube.com

 

<登場人物紹介>

矢野:城田高校の1年生エース。速球と大小のカーブが武器。

沢村:城田高校のキャプテンにして正捕手。厳しくも冷静な態度で、矢野をリードしチームを引っ張る。

城田高校野球部監督:白髪混じりの初老の監督。ベテラン指導者らしく、冷静沈着に戦況を分析し、采配を振るう。

 

1.谷口の気づき

―― 二回表。城田の攻撃は、七番安田から始まっていた。マウンド上の谷口は、なおも苦しい投球が続く。

 

 カキ、と音がした。打球は三塁側ベンチ手前を転がっていく。

「また……インコースをファールに。つぎで七球目か」

 細身の七番打者安田は、右打席に立ちバットを短めに握っていた。谷口は足下のロージンバックを拾い、しばし間合いを取る。

「さすが伝統校だ。こっちがアウトコースねらいに気づけば、その対策まで取ってくる」

 谷口は額の汗をぬぐい、ワインドアップモーションから八球目の投球動作を始めた。アウトコース低めのカーブ。それを安田はおっつけるようにして、右方向へ打ち返した。

「……うっ」

 打球はジャンプしたセカンド丸井の頭上を越え、前進してきたライト久保の前でバウンドする。ライト前ヒット、ノーアウト一塁。

 続く八番井上は、始めからバントの構えをした。左足を引き、バットを寝かせる。

 初球。谷口は速球を、バントしづらいインコース高めに投じた。ところが、井上はこれを難なく一塁線のやや内側に、鈍く転がす。

「ファースト!」

 倉橋が叫ぶ。

 前進してきたファースト加藤が捕球し、一瞬二塁を見るが間に合わない。「くそっ」とベースカバーの丸井に送球し、間一髪アウト。

 送りバント成功、ワンアウト二塁。

「むずかしいインコースを、あんなカンタンに……」

 マウンド上で、谷口は唇を噛む。

 そしてまたも細身の打者、九番雪村が左打席に入ってきた。倉橋は「まずコレよ」とサインを出し、谷口が投球動作を始めると同時に、ミットをインコースに構える。

「し、しまった」

 ボールを離した後で、谷口はつぶやく。インコースを突くはずのカーブが、やや真ん中寄りに甘く入ってしまう。雪村のバットが回る。

 バシッ。打球は低いライナーで、三遊間の真ん中を破った。レフト前ヒット。

 あらかじめ外野が前進守備を敷いていたため、二塁ランナーは還れず三塁ストップ。しかし一・三塁とピンチが広がってしまう。

「くっ……」

 スパイクでマウンドの土を均しつつ、谷口は唇を結ぶ。

「ここまでアウトコースに強いチーム、見たことがないぞ。かといってインコースに投げればファールにされる。いったい、どうすれば……」

 その時だった。

「た、タイム!」

 倉橋がアンパイアに合図して、こちらに駆け寄ってくる。

「どうした谷口。力んでるぞ」

 えっ、と声が漏れる。思わぬ相棒の言葉だった。

「そうか?」

「うむ。いつもより力が入っているから、ちょっとずつボールが高いし、キレもない。あれじゃ打たれて当たり前だぜ」

「す、スマン。気づかなかった」

「まあ予選とちがって、相手のことをよく知らないんだし、意識しちまうのも分かるがな」

 渋い顔で、倉橋は言った。

「おまえ一人で守ってるわけじゃない。ここはバックを信じて、打たせていこう」

「あ、ああ……」

 谷口がうなずくと、倉橋は一旦踵を返し、ポジションへ戻りかける。しかし、ふいにまたこちらを振り向き、戻ってきた。

「どうした?」

「いいか谷口。おまえはキャプテンであると同時に、うちのエースなんだ。おまえの力投で、あの谷原を倒して甲子園に来られたってこと、忘れるな」

 ポン、とミットで軽く背中を叩かれる。

「たのむぞエース。自信をもって、投げてこい」

 谷口の表情が、フッと緩む。そして「よしきた!」と返事した。

 やがてタイムが解ける。倉橋はホームベース奥に立ち、野手陣へ指示の声を飛ばす。

「内外野、前進守備だ!」

 正捕手の指示に、野手陣が数歩前に出る。

「キャプテン」

 その時、セカンドより丸井が声を掛けてきた。

「ぼくらがついてます。打たせていきましょう」

「む、たのむぞ」

 そう返事して、谷口は背後へ顔を向ける。

「いくぞバック!」

 キャプテンの声に、ナイン達は「オウヨッ」と力強く応えた。

―― 一番、ライト栗原君。

 ウグイス嬢のアナウンスと共に、城田の一番打者栗原が、左打席に入ってくる。

「まずコレよ」

 倉橋はサインを出し、ミットをインコースに構えた。谷口はうなずき、セットポジションから第一球を投じる。

「……うっ」

 栗原が一瞬、身を引いた。カーブが、インコースいっぱいに決まる。

(あれ。やつのカーブ、こんなに鋭く曲がってたっけ……)

 戸惑う栗原。谷口はテンポよく、第二球を投じた。

 今度はインコース高めの速球。栗原はスイングするも、バットは空を切った。バシッ、と倉橋のミットが鳴る。

 しまった、と栗原は唇を噛んだ。

(さっきの打席じゃ、こんなにスピードは出てなかったのに。今のがほんらいのボールってわけか。やつめ、ピンチをむかえて開き直ったな)

 ベンチを振り向くと、監督がサインを出した。えっ、と思わず声が漏れる。

(なるほど、スリーバントスクイズか。これはやつらも予想しちゃいまい)

 栗原はヘルメットのつばを摘まみ、ベンチへ「了解」と合図する。

 一方、墨高バッテリーもサインを交換した。そして倉橋が「つぎはココよ」と、ミットをアウトコース低めに構えた。

「思い切っていこうよ!」

 マウンド上のエースを励ますように、正捕手は声を上げる。

「さあ、バックを信じて」

 谷口は無言でうなずく。

 迎えた三球目。谷口はしばし間を取った後、セットポジションから投球動作を始めた。そして速球をアウトコース低めに投じる。

 その瞬間、栗原はバットを寝かせ、同時に三塁ランナー安田がスタートした。これを見て、ファースト加藤、サード岡村、ピッチャー谷口が一斉にダッシュする。

 ガッ、と鈍い音がした。

「しまった」

 栗原が顔を歪める。小フライが、ファースト加藤の正面に上がる。

「くっ……」

 ダイレクトで捕球されると思ったらしく、ランナー安田は一度立ち止まってしまう。ところが加藤は、前進しながらショートバウンドで打球をファーストミットに収めた。それを見て、安田は再びスタートを切る。

「しめた!」

 加藤はボールを左手に持ち替え、落ち着いた動作でバックホームした。

 立ち止まった分、完全にタイミングが遅れてしまった安田。送球を受けた倉橋が、余裕を持ってタッチする。

「アウト!」

 アンパイアのコールに、安田は頭上を仰ぐ。

 この時、三塁側ベンチでは城田監督が唇を歪めていた。まさか、とつぶやきが漏れる。

「追いこまれていたとはいえ、栗原がバントをしそんじるとは」

 ほどなく、タッチアウトされた安田が帰ってくる。

「す、すみませんでした」

「なにが、すみませんだ」

 頭を下げる安田を、監督は叱り付ける。

スクイズの時は、迷わず突っ込めと、散々練習してきたろう。まったく……カンジンな時に、血迷いおって」

「は、はい」

 安田は気まずそうに、ベンチへと引っ込む。監督は小さく溜息をついた。

「しかし……あの谷口のタマは、見た目以上に威力があるのか。あれがほんらいの力だとしたら、この先そうカンタンにチャンスはもらえないぞ」

 

 

「ツーアウトか」

 マウンド上。谷口は、短く吐息をつく。そしてロージンバックを拾い上げ、右手に馴染ませる。眼前では、城田の二番打者烏丸が右打席に入ってきた。

 倉橋が「まずココよ」とサインを出す。谷口はうなずき、第一球を投じた。

 速球が、インコース高めいっぱいに決まる。倉橋はテンポよく二球目のサインを出し、ミットをアウトコース低めに構える。

 今度はカーブ。烏丸のバットが回る。パシッと快音が響いた。

 一塁線をライナー性の打球が襲う。ファースト加藤がジャンプした。あわや長打コースという当たりだったが、僅かに切れてファール。

 ひょっとして……と、谷口はひそかにつぶやく。

「た、タイム!」

 アンパイアに合図して、倉橋をマウンドに呼び寄せた。

「どうした?」

 訝しげに、正捕手は尋ねてくる。

「どうやら思いちがいをしていたらしい」

 谷口は冷静な口調で言った。

「いまのバッターのスイングだが、軽く当てにいくように振っていたろう」

 む、と倉橋はうなずいた。

「言われてみれば、たしかにそうだな。谷原のように、しっかり振り抜いてくる打ち方じゃない。ということは……」

「うむ。ほんとはアウトコースが苦手なのを隠すために、わざとねらい打ちしてるんだ」

 そう言って、ちらっと打者の様子を見やる。烏丸は打席を外し、素振りしている。

「ただ谷原もそうだったが、甲子園クラスともなると、苦手コースでもねらうとヒットにするだけの力量はあるぞ」

 倉橋は渋い顔で言った。

「現に速球とカーブ、両方ともとらえられてる」

「分かってる。だから、外へ逃げるタマを使おう」

「逃げるタマだと?」

「うむ。つまり左打者にはシュート。右打者には、カーブをもっと外寄りに投げたらいいと思う」

 谷口の提案に、倉橋は「なるほど」と首肯した。

「たしかにあの打ち方じゃ、外へ逃げていくタマには対応しづらそうだからな」

「ああ。ここらで向こうのアウトコースねらいを、ぎゃくに利用してやろう」

「む、そうだな」

 ほどなくタイムが解け、倉橋がポジションに屈み込む。一方、烏丸は打席に戻り、バットを短めに構え直した。

(く……さっきのが、もうちょい内側に入ってりゃな)

 そう胸の内につぶやく。

(けど、追いこまれちまったし。またファールでねばるか)

 やがて眼前のマウンド上にて、谷口が投球動作を始めた。左足を踏み込み、グラブを突き出し、右腕を振り下ろす。

「……うっ」

 アウトコースに投じられたカーブは、ボールゾーンからさらに外へ逃げていく。

 ガキ、と鈍い音がした。打球は、右方向へ高々と上がる。セカンド丸井が「オーライ!」と合図して、難なく顔の前で捕球した。スリーアウト、チェンジ。

「ようし。ピンチを切り抜けたぞ」

「キャプテン、ナイスピッチング!」

 墨高ナインは互いに声を掛け合い、駆け足でベンチへと引き上げていく。

 

 

2.城田バッテリーの投球パターン

 二回裏。この回先頭の谷口は、ゆっくりと右打席に入った。そしてバットを短めに握る。

(まだ序盤とはいえ、二点負けている。なるべく早く攻りゃく法を見つけなければ……)

 マウンド上。矢野はキャッチャー沢村のサインにうなずき、第一球を投じてきた。

「……うっ」

 速球がうなりを上げて、インコース高めに飛び込んでくる。谷口は一瞬身を引きかけた。

「ストライク!」

 アンパイアのコール。谷口は、フウと短く息を吐く。

(なるほど。手がたい上位打線が、あっさり打ち取られるわけだ。こりゃ思った以上に威力があるぞ)

 二球目、またもインコース高めの速球。一球目よりもさらに内側。谷口は身をよじる。

「ボール!」

(あぶない。ぶつけられるところだった)

 一旦打席を外し、数回素振りする。

(ただこの高めのタマ、それほどコントロールは良くなさそうだぞ。追いこまれるまでは捨ててもよさそうだな)

 さらに三球目、今度はアウトコース高めの速球。これははっきりと外れる。

(やっぱり。高めは見逃せば、半分以上はボール球だ。後でナインに伝えなきゃ)

「力むな矢野。ラクに、ラクに」

 すかさずキャッチャー沢村が、矢野に声を掛ける。矢野はぐるんと両肩を回し、ほぐす仕草をした。

 続く四球目は、アウトコース低めの速球。これはコースいっぱいに決まる。

(これが倉橋達の言ってた低めか。厳しいコースだが、たしかに高めよりも球威は落ちる。ねらえば打ち返せないことはないが……)

 五球目は、一転してインコース低めにカーブ。谷口はこれを強振した。

 快音が響く。打球は、レフトスタンドのポール際へ飛んだ。スタンドが「おおっ」と沸きかける。しかし僅かに切れてファール。

「ああ、くそう。ちょっと打つポイントが前すぎたか」

 すでに駆け出していた谷口は、やや唇を歪めつつ打席へと戻る。

「……フウ、あぶねえ」

 一方、キャッチャー沢村は安堵の吐息をついた。

「小さい体のくせして、けっこうパワーあるな。さすが谷原を破ったチームの四番だ」

 谷口がバットを構えるのと同時に、沢村はサインを出す。

「だが、つぎはこうはいかないぜ」

 そして六球目。矢野はアウトコースに、速いカーブを投じた。ボールは打者の手元で、鋭く曲がる。

「くっ……」

 谷口は体勢を崩しかけながらも、おっつけるように打ち返した。

パシッとボールを捉えた音。右方向へライナーが飛ぶ。しかしセカンド伊予がジャンプ一番、打球をグラブに収める。

「しまった。やはり、あのボールか」

 渋い顔でつぶやき、谷口は引き返す。その時、ネクストバッターズサークルより打席へ向かうイガラシとすれ違う。

「イガラシ、ちょっと」

 谷口は、後輩に声を掛けた。

「さっきの速いカーブだが……」

 はい、とイガラシはうなずく。

「ミートするのはカンタンじゃなさそうですね」

「うむ。あれを決めダマとして使われたら、ちとメンドウだ」

「しかし、なんとか打ち返してみます」

 やや険しい顔つきで、イガラシは応える。

「あのカーブをさけようとすれば、やつらますます多投してくるはずです。そこに、高めの速球まで混ぜられたら、もっと攻りゃくがむずかしくなるでしょう」

「む。やつらを安心させないためにも、たのむぞイガラシ!」

「はいっ」

 後輩は力強くうなずく。

「……ああ、それと」

 谷口が話を付け足そうとすると、イガラシは「分かってます」と僅かに笑んだ。

「なるべく球数を投げさせて、ボールの組み立て方を探れ、でしょう?」

「あ、うむ」

 よく分かってるじゃないか、と谷口は胸の内につぶやく。

「たしかにラクな相手じゃありませんけど」

 表情を引き締め、イガラシは言った。

「あれくらいのピッチャーはゴロゴロしてるのが、甲子園ですからね。優勝をめざす以上、なんとしても打ちくずす手がかりを見つけなきゃ」

 フフと笑んで、イガラシは踵を返した。

「さすがだな」

 谷口は感心して、その背中を見送る。

 

 

―― 五番、ショートイガラシ君。

「た、タイム」

 ウグイス嬢のアナウンスと同時に、キャッチャー沢村はアンパイアに合図して、マウンドに駆け寄る。

「キャプテン」

「分かってるな矢野、やつはおまえと同じ一年生だ。負けるんじゃないぞ」

「ええ……しかし予選じゃ、八割近く打ってるそうじゃありませんか」

「なあに、あのナリだ。たとえ打たれても、コースさえまちがえなけりゃ長打はあるまい」

「じゃあ、低めを打たせていけば」

「もちろん、それ一辺倒ではねらい打ちされるから、高めを見せ球にしてな」

「分かりました」

 それだけ言葉を交わし、沢村は踵を返しポジションに戻る。

 

 

 傍らで、イガラシは数回素振りした。ビュッ、ビュッ、と風を切る音。そして右打席に入ってくる。ほう……と、沢村はひそかに吐息をつく。

(こいつ。ナリに似合わず、鋭い振りをしやがる。高めのストライクは禁物だぞ)

 サインを出し、ミットをインコース高めに構える。

(分かってるな矢野、ボールにするんだぞ)

 マウンド上。矢野はサインにうなずき、第一球を投じてきた。要求通り、インコース高めの速球。イガラシは眉一つ動かさず、悠然とボールを見送る。

(ほう……まばたきすらしないとは。よほど速球には慣れてるようだな)

 続く二球目。沢村は、ミットをさらに内側へとずらす。

(せめて上体を起こさせねえと)

 矢野はワインドアップモーションから、再び速球を沢村のミット目掛けて投じた。しかし今度は、やや外へずれてストライクコースに入ってくる。

「し、しまった……」

 沢村の視界の端で、イガラシは上体にバットを巻きつけるようにして、強振した。パシッと快音が響く。大飛球が、レフトのポール際へ吸い込まれていく。しかし僅かに左へ切れ、ファール。

「なんでえ、あと少しだったのに」

 言葉とは裏腹に、イガラシはさほど悔しがる素振りも見せず、小走りに引き上げてくる。

「矢野! コースが甘いぞ」

 沢村が叱責すると、矢野は「スミマセン」と頭を下げる。

(まったく……しかし、見事なバットコントロールだ。どうりで八割近く打つわけだぜ)

 三球目と四球目は、縦のカーブを続けさせた。しかし、いずれも低く外れ、スリーボール。

(うーむ、ちと力が入ってるな)

 沢村は手振りで指示を伝える。

「ロージンだ」

 矢野はロージンバックを拾い上げ、しばし間を取った。ほどなく、沢村は次のサインを出し、ミットをアウトコース低めに構える。

(つぎはコレよ)

 五球目。矢野はアウトコース低めに、あの速いカーブを投じた。イガラシははらうようにバットを出す。辛うじてその先端に当てた。ファール。

「く……あぶない。なんて鋭く曲がるんだ」

 唇を歪めるイガラシ。一方、沢村も苦い顔になる。

(ファールとはいえ、うまく当てやがったな。カンタンには打ち取らせてくれないか)

 六球目も速いカーブを、今度はインコースに投じた。イガラシは引っ張り、これもファールにする。

(くそっ、喰らいついてきやがるな)

 マウンド上の矢野が、「どうします?」と言いたげな目を向けてくる。

(予定どおり、低めを打たせよう)

 沢村はサインを出し、ミットをアウトコース低めに構えた。矢野はうなずき、ワインドアップモーションから第七球を投じる。

 アウトコース低めの速球。イガラシのバットが回る。パシッ、と快音が響く。

「なにっ」

 思わず沢村は声を上げた。低いライナーが、あっという間に一・二塁間を破る。

「や、やった!」

 その瞬間、墨高の三塁側ベンチが沸き立つ。

「よし、甲子園初ヒットだ」

「さすがイガラシ。低めの速球にねらいをしぼって、うまく打ち返しやがった」

「うむ。あの低めは、どういうわけか少し球威が落ちるものな」

 イガラシは一塁を回りかけて止まる。喜ぶ仲間達をよそに、ポーカーフェイスのままだ。

「さあ、つづけよ横井!」

 ベンチよりナイン達が、次打者の横井に声援を送る。

「タイム!」

 谷口はアンパイアに合図して、ネクストバッターズサークルの横井を呼び戻す。

「なんだい?」

「横井、バントはなしだ。ねらっていけ」

 そう短く告げる。

「向こうのここまでの投球を見て、だいたい分かったと思うが。どうもボール先行になると、低めの速球でカウントを取りにくるようだ」

「う、うむ。しかしストライクが先行すると、あの速いカーブがくるぞ」

 横井は渋い顔になる。谷口は「なーに」と微笑んだ。

「小さく曲がるカーブなら、片瀬のタマで練習してきたろう。あれに少しスピードを加えた感じだ。予測がついてりゃ、どうにかなるさ」

「わ、分かった」

 やや戸惑いながらも、横井はうなずいた。

 一方、沢村は再びマウンドに駆け寄る。

「スマン矢野。ちと、正直すぎたようだ」

「あ、いえ。しかし急な速球をきっちり打ち返してくるなんて、やはり並のバッターじゃありませんね」

「うむ、長打でなくて助かったよ」

「つぎはどうします?」

「なに。下位打線だし、今までどおりにやりゃおさえられるさ」

 沢村はそう言って、ポンと後輩の背中を叩く。

「まだ一本打たれただけだ。自信を持っていこうぜ」

「は、はい」

 先輩の励ましに、矢野は僅かに笑んだ。

 

 

3.甲子園初得点

 沢村がポジションに戻り、マスクを被り直したタイミングで、ウグイス嬢のアナウンスが流れてくる。

―― 六番、レフト横井君。

 横井は右打席に入り、バットを短めに構えた。

 初球。矢野はセットポジションに着き、すぐに投球動作を始めた。左足を踏み込み、グラブを突き出し、右腕をしならせる。

 インコース高めの速球。横井は手が出ず、ストライクぎりぎりに決まった。

「は、はやい……」

 横井は唇を歪める。

「スピードだけなら、村井や佐野とそう変わらないじゃねえか」

 二球目。またも速球が、インコース高めに飛び込んでくる。横井はスイングするも、チップさせるのが精一杯。あっという間にツーストライクと追い込まれる。

「し、しまった。どうし……」

 三塁側ベンチを振り返ると、谷口がサインを出した。

(え、エンドラン? なんとか喰らいつけってことか)

 横井は一旦打席を外し、ぺっぺっと唾で両手を湿らせる。

(つぎはあのカーブがくる。せめて右方向へ転がさなきゃ)

 そして打席に戻り、バットを構え直す。

「プレイ!」

 アンパイアのコールを聞くと、矢野はすぐに投球動作へと移る。そして三球目を投じてきた。この間、一塁ランナーのイガラシがスタートを切る。

「き、きたっ」

読み通り、アウトコースへの速いカーブ。

横井はバットをはらうようにしてスイングした。ガッと鈍い音。一・二塁間へ緩いゴロが転がる。城田のセカンドは一瞬二塁を見たが、間に合わない。すかさず一塁へ送球しアウト一つを奪う。それでも進塁打となり、墨高はこの試合初めて、得点圏にランナーを置く。

「やれやれ。どうにか最低限のことはできたぜ」

 苦笑いしつつ、横井はベンチに引き上げる。

 

 

「く……当てられたか」

 沢村は渋い顔になる。

「けどまあ、ツーアウト目は奪ったわけだし。つぎをおさえりゃ問題ない」

 ほどなく墨高の七番岡村が、右打席に入ってきた。こちらもバットを短めに握る。

(たしかこいつも一年生だったな。イガラシとちがってパワーはなさそうだが、身のこなしから見て、当てるのはうまそうだ)

 初球。沢村は、インコース高めの速球を要求した。しかし矢野の投球は、沢村の構えるミットよりも高く外れてしまう。二球目も同様に、高めに浮いた。これでツーボール。

「矢野。ラクに、ラクに」

 沢村がマスク越しに声を掛けると、矢野は二、三度深呼吸する仕草を見せた。

(初めてのピンチとあって、かたくなってるのかな)

 ミットをアウトコース低めに構え、沢村は「さあ力を抜いて」と胸の内につぶやく。矢野はうなずき、投球動作へと移る。

 要求通り、アウトコース低めの速球。岡村は左足を踏み込み、おっつけるようにスイングした。パシッと快音が鳴る。

(しまった、ヤマをはられた……)

 速いゴロが、一・二塁間を抜けていく。

 素早くスタートを切っていたイガラシが、三塁ベースを蹴りホームへと向かう。捕球したライトがセカンドへ中継。しかしセカンド伊予がボールを受けた時、イガラシはすでにホームベースへ右足から滑り込んでいた。

 ライト前タイムリーヒット。墨高、一点差に詰め寄る。

 

 

 沸き立つ三塁側ベンチとスタンド。その時、一塁側ベンチにて城田監督が立ち上がる。

「タイム! 沢村、矢野」

 バッテリー二人を呼んだ。

「は、はいっ」

沢村と矢野は駆け寄り、監督の前で直立不動の姿勢になる。

「今のはヤマをはられたようだな」

 監督の言葉に、沢村は「ええ」と唇を歪める。

「予選とちがって、向こうがなかなかボール球に手を出してくれないもので。かく実にストライクを取れるのが、アウトコースの速球だけなので」

「む。しかしそれを、やつらは気づき始めてるぞ」

「どうしましょうか?」

 沢村の問いかけに、監督は「うーむ」としばし考え込む。そして口を開いた。

「こうなったら、ほかのタマも混ぜていくことだな」

「しかし際どいコースは、やつら手を出してきませんが」

「多少、四球でランナーを出してしまうのは、仕方あるまい」

 渋面で、指揮官は答える。

「それに今のところ、向こうがねらいダマを絞れているのは、ボール先行した時だけだ。ストライク先行でいけば、多少ボール気味でも手を出してくれるだろう」

「ただそうなると、今度は初球からねらわれる可能性も……」

「どうした沢村」

 監督は苦笑いした。

「そんな弱気で、おまえらしくもない。もともと、たった二点を守りきる想定じゃないだろう。なにせ相手は、あの谷原を破ったチームなんだからな」

「は、はい……」

「さあ二人とも。バックを信じて、思いきりいくんだ」

 指揮官の励ましに、バッテリー二人は「分かりました!」と、声を揃えた。

 

 

「ボール、ハイ!」

 インコース高めの速球が、また高く外れた。左打席の八番加藤が、これを見送る。

(うーむ。どうしても高めのコントロールが、イマイチだなあ)

 ツーボール・ワンストライク。沢村は小さく溜息をつく。

(予選じゃ、相手が手を出してくれたんだが、甲子園ともなるとそうはいかんか)

 ミットを真ん中低めに構え、「つぎはコレよ」とサインを出す。

(低めの速球はねらわれているからな。ちがうタマで様子を見るか)

 矢野はうなずき、セットポジションから四球目を投じた。縦に大きく割れるカーブ。それがやや高めに入ってくる。

「しまった……」

 そうつぶやいた矢野の眼前で、加藤のバットが回る。快音を残し、速いゴロが打ち返された。足下をすり抜け、二遊間を襲う。

「くわっ」

 セカンド伊予が飛び付き、なんとグラブの先で捕球した。そのままベースカバーのショート烏丸へトスし、フォースアウト

「フウ、どうにか切り抜けたぜ」

 沢村は苦笑いして、ベンチへと引き上げる。 

 

 

(よく喰らいついてくるな)

 一塁側ベンチにて、城田監督はグラウンド上へ険しい眼差しを向けていた。

(データはなかったはずだが、早くもうちの弱点を見抜きつつある。この試合……ヘタすりゃ、ひどい目にあうぞ)

 そして、傍らのナイン達へ声を掛ける。

「おまえ達、気を引きしめていけよ。相手は谷原を破ったチームだということを忘れるな。早くつぎの点を取らないと、ずるずると向こうのペースに引きこまれるぞ」

 城田ナインは「は、はいっ」と返事した。

 

―― 監督の思惑とは逆に、この後城田打線は鳴りを潜めることになる。墨高のエース谷口のシュートをおりまぜた投球に、凡打の山を築く。

 一方、墨高打線は城田バッテリーのボールを散らす苦心の投球に、ランナーは出すもののあと一本が出ず。

 1-2のまま、試合は終盤七回をむかえたのである。

続きを読む

今の沖縄勢が甲子園で「勝ちたい」のなら、”泥臭く戦う”ことが必要!! ~令和4年春季九州大会の開幕へ向けて~

f:id:stand16:20190707211434j:plain

 

 

 令和4年春季九州大会の組み合わせが決まった。

 我らが沖縄県代表の沖縄水産は、今年の選抜大会に出場し、準優勝した近江と延長戦にもつれ込む激闘を演じた長崎日大との対戦である。

 

 正直、厳しい組み合わせである。ただそれは、戦前にある程度予測できたこと。沖水らしい強打を発揮し、相手のペースを狂わせることができれば、十分勝機は出てくる。

 

 さて沖水に限らず、甲子園をねらえる県内の強豪校に望みたいことが、一つある。それは「思うようにいかない状況でどうプレーするか」ということを身につけることである。これは、投打両面において言える。

 

 例えば、思うように打てない時。あくまで選手の個人技に賭け、一打で流れを引き寄せるというのも一つの手ではある。ただそれだけだと、相手投手の力量がこちらの打線を上回っていた場合、最後まで挽回できないことになる。

 

 であれば、序盤は「見る」ことに徹し、なるべく球数を放らせて情報を集める。それからチームとして狙い球を絞り、目が慣れてきた終盤に狙い打ちする。

 あるいは打つというより、ファールで粘って球数を投げさせ、相手投手の心身の疲労を誘う。そうして球のキレがなくなってきた頃、一気に襲い掛かるというわけだ。

 

 例えば、相手打線の力量がこちらの投手陣を上回っている時。完全に抑えるのは難しいだろうから、せめて「気持ちよくスイングさせない」ための工夫をする。

 具体的には、投球の間合いを意図的に長くしたり短くしたりする。あるいは、球数が増えたり死球の可能性が高くなったりしても、徹底して際どいコースを突いていく(それができるだけのスタミナやコントロールを練習で身につける)。

 相手に気持ちよくスイングさせさえしなければ、何点か取られるのは仕方ないにしても、大量失点は防ぐことができる。

 

 こうした戦術を、チームとして徹底できるようにしておく。そうすれば、多少力量の上回るチームが相手でも、十分勝機を見出せるはずだ。

 

 より端的に言えば、今の沖縄勢には“泥臭く戦う”ことが求められていると思う。

 是非は別として、沖縄県内の逸材が県外へ進学する流れは、当分変わりそうにない。したがって、沖縄の代表校が「個人能力で上回る相手」と戦うことになる確率の方が、ずっと高い。

 もちろん“高校野球であまり勝ち負けにこだわっても……”という意見も分かる。しかし「勝ちたい」のであれば、自分達が思うようにいかない状況でどう対応していくかということも、身につけて欲しい。