南風の記憶

沖縄の高校野球応援! また野球小説<「続・プレイボール」ーちばあきお原作「プレイボール」もう一つの続編」連載中。俳句関連、その他社会問題についても書いています。

【野球小説】続・キャプテン<第6話「育成と勝利のはざまで……の巻」>――ちばあきお『キャプテン』続編

 

 

 f:id:stand16:20190713083954j:plain

【目次】

 

【前話へのリンク】

stand16.hatenablog.com

 

<外伝> 

stand16.hatenablog.com

 

stand16.hatenablog.com

 

 

 第6話 育成と勝利のはざまで……の巻

www.youtube.com

 

<登場人物紹介>

和合中監督:前年の中学選手権決勝で、墨谷と激戦を繰り広げた和合中の指揮官。厳しい指導の反面、決勝戦前にナーバスになっていた選手を気遣う細やかさも持ち合わせている。また勝利至上主義に偏りすぎず、強豪校らしく堂々とプレーすることを選手達に教えている。

 

村西:和合中の現キャプテンにして正捕手。また四番も務める強打者。

 

酒井:昨年の墨谷との決勝では、リリーフの準備をしていた。その後大きく成長し、強豪・和合のエースの座を射止める。なお、選抜大会で青葉に投げ勝った阪井投手とは、別人だと設定する。

 

 

1.エース打たれる!

 校門前。ユニフォーム姿の近藤、牧野、曽根の三人が待っていると、ほどなくして一台のバスが横付けされた。

「お、来たか」

 牧野がつぶやく。

バスのドアが開き、練習試合五連戦の最後の相手、西の雄・和合中学の選手達が続々と降りてくる。こちらもすでにユニフォーム姿だ。縦縞に大きく「和合」の横文字が刺繍されていた。名門校の選手らしく、素早く整列していく。

 やがて全員が整列すると、一人の少年が前に進み出た。

「和合中キャプテンの村西です。よろしく」

 そう言って、右手を差し出す。

「は、どうも。墨谷二中キャプテンの近藤です。どうか、お手柔らかに」

 近藤は村西の右手を握り返す。間の抜けた口調に、牧野と曽根は「あ」とずっこけた。

「いえ、こちらこそ」

 村西は真顔のまま、手を離す。その時、バスからもう一人降りてきた人物がいた。

「やあ。ひさしぶりだね」

 もみ上げまでの巻き毛が印象的な、和合中の監督である。三人は思わず気をつけの姿勢になり、「こ……こちらこそ」と深く一礼した。

「うむ。選抜での戦いぶりは、見せてもらった」

 僅かに笑って、監督は言った。

「一、二年生の多いチームにしては、よく健闘していたね。だいぶ選手層も厚くなった印象だ。あれからどれくらい成長したのか、楽しみにしているよ」

「は、はいっ」

 三人は恐縮したふうに、また声を揃えた。

「ほな、グラウンドに案内します」

 そう言って、近藤が先導する。

「ワイら、もうウォーミングアップはすませたさかい。どうぞ使うてください」

「いや……こっちも出発前に、準備運動はすませてきたから、その必要はないよ」

 監督はきっぱりと言った。

「じつは君らと戦った後、場所を移して青葉とも試合することになってるんだ。あまり時間がないから、すぐに始めよう」

「そうやったんですか」

 近藤は返事して、他の二人に囁く。

「聞いたか。あの青葉とも、戦うんやて」

「む。さすが和合、練習試合の相手には事欠かないようだな」

 曽根が感心げにうなずく。

「そういや、今青葉って、どれくらいの力があるんやろ」

 近藤の疑問に、牧野が「今年も手強いみたいだぞ」と答える。

「なにせ、おれ達が準々決勝で負けた選抜で、決勝まで進んでるからな」

「せやけど……ワイらがやられた富戸中に、青葉も負けとるやないか。いちがいに向こうが上とは言えへんとちゃうか」

「明らかに向こうが上とは言ってねえよ。ただ少なくとも、互角以上の力はあるってことだ。やつらを倒さない限り、夏は全国大会に出られないだろう」

「ほな、青葉にも練習試合を申しこんでみよか」

 曽根が「バカ」と、呆れ顔で言った。

「んなことしたら、やつらに手の内を見せちまうことになるじゃねーか」

「ば、バカって……」

 近藤がむくれる。まあまあ、と牧野がなだめた。

「おまえさえ万全なら、どこが相手でもそう点は取られないだろう。あとは……こっちの打線がいかにして、点を取るかだ」

 そうだな、と曽根が首肯する。

「きのうもバント失敗や走塁ミスで、ずいぶんチャンスを逃したからな。明星中も力はあったが、勝たなきゃいけない試合だったぜ」

 その言葉に、近藤と牧野は揃ってうなずく。

 

 

 試合は、墨谷の先攻で行われることとなった。

 和合ナインはベンチに用具を置くと、すぐに守備位置へと散っていく。近藤は自分達のベンチにて、「あれまあ」と声を発した。

「準備体操はおろか、キャッチボールもせんとは。ワイらのこと、ナメとるんやないか」

「そうやってムキになると、力んで打たれちまうぞ」

 牧野がたしなめる。

 先ほど挨拶してきた長身の和合キャプテン村西は、キャッチャーだった。そしてマウンド上には、これまた上背のあるピッチャーが立ち、左手にロージンバックを馴染ませる。

「なあ、あのピッチャーって」

 曽根が目を丸くして言った。

「昨年の選手権決勝で、リリーフの準備をしてたやつじゃねえか」

 ほんまや、と近藤はつぶやく。

「昨年見た時は、全然たいしたことないと思うたが。はてはて……あれからどこまで、成長したんか」

 その眼前で、相手ピッチャーが練習球の一球目を投じる。

 ビシッ。快速球に、村西のミットが悲鳴のような音を発した。途端、ベンチの墨谷ナインは黙り込む。

「いいぞ酒井。調子よさそうだな」

 村西の掛け声に、酒井と呼ばれたピッチャーは「おうよ」と応える。

そこから三球、酒井は速球を続ける。球威だけでなく、内外角の際どいコースを突く制球力があることも見て取れた。

「つぎ、カーブいこうか」

 キャッチャーの指示に、酒井はうなずき、すぐさま投球動作へと移る。

右足を踏み込み、グラブを突き出し、左腕を振り下ろす。大きなカーブが、低めいっぱいに決まった。落差一メートルはあろうかという鋭い変化である。

「ハハ。やはり、昨年のままなわけねえか」

 曽根が呆れ笑いをした。

「さすが名門のエースだぜ」 

 

 

 やがて酒井の投球練習が終わり、アンパイアが「バッターラップ」とコールする。それを聞いて、墨谷の一番打者慎二が右打席に入った。

「プレイ!」

 そしてアンパイアが、試合開始を告げる。

 初球。酒井は、内角低めに速球を投じてきた。慎二は思い切ってスイングするが、バットは空を切る。

「は……はやい!」

 二球目も、同じく内角低めの速球。今度はチップさせ、ボールはバックネット方向へ転がっていく。

「ええぞ慎二。タイミングは合うてる」

 近藤が声援を送る。しかし当の慎二は、顔を引きつらせていた。バットを離した両手に、痺れを感じる。

「なんて重いタマなんだ。しっかり振り切らないと、つまらされてしまうぞ」

 そして三球目。慎二はバットを短く握り直し、投球に備える。しかし酒井が投じたのは、外角へのカーブだった。

「……うっ」

 慎二は体勢を崩され、右方向へフライを打たされてしまう。

「オーライ!」

 和合のライトが数メートル前進し、顔の前で難なく捕球した。ワンアウト。

 

―― けっきょくこの回、墨谷は和合エース酒井のボールに対応できず、三人で攻撃を終えることとなった。

 

 「ようし。ラスト一球、こい!」

 牧野が声を掛けた時、近藤はマウンドを均していた。落ち着きなさげに、何度もスパイクで土をガッガッと削る。

「……近藤?」

「な、なんでもない。ほないくで」

 ハッとしたように、近藤は投球動作へと移る。ほぼ真ん中に、速球が投じられた。牧野はこれを捕球すると、素早く二塁へ送球する。

 マウンド上。近藤は、一人つぶやく。

「気のせいか。なんだか、やーな感じがするで」

 そして和合の先頭打者が、右打席に入ってきた。一番にしては、見るからに腕っぷしの強そうな打者である。

「まずココよ」

 プレイが掛かった後の初球。牧野は外角低めを要求してきた。近藤は「む」とうなずき、第一球目を投じる。

 打者は、左足を踏み込んでフルスイングした。

 パシッ。ライナー性の打球が、右中間を破る。ライトのJOY、センターの山下が懸命に追いかける。打球はフェンスに当たり、跳ね返る。

 ようやくJOYがボールを拾い、中継の松尾へ投げ返す。だがその間、打者は三塁へ頭から滑り込んでいた。スリーベースヒット。

「くそっ、いきなりか」

 牧野は唇を歪める。一方、マウンド上の近藤は、口をあんぐり開けて呆然としている。

「近藤。また始まったばかりだぞ」

 正捕手の掛け声に、エースは「わ、分かっとるがな」と応える。

 続く二番打者は、小柄な左バッターだった。ややバットを短めに握る。牧野は「タイミングを外そうか」と、カーブを要求した。近藤はサインにうなずき、セットポジションから第一球を投じる。

 落差のあるカーブが、内角低めに決まった。打者は手を出さず。

「今のは、様子を見たって感じやな」

 牧野からの返球を受け、近藤はそうつぶやく。

 二球目も、続けて内角低めのカーブ。打者のバットが回る。パシッと快音が響いた。打球はワンバウンドして、簡単に三遊間を破る。

 タイムリーヒット。和合が、あっさりと一点を先取した。

「ちぇっ、うまく合わせやがったな」

 牧野は舌打ちして、マスクを被り直し屈み込む。

「しかし近藤が、こうもカンタンに打たれるとは。やはり……覚えられちまってるのか」

 パシッ。続く三番打者は、初球の外角の速球を打ち返した。速いゴロが、一・二塁間を抜けていく。一塁ランナーは一気に三塁まで到達した。ノーアウト一・三塁。

 迎えた四番打者は、和合のキャプテンにして正捕手の村西である。

 墨谷バッテリーは、さすがに慎重になった。一球目、二球目と、内外角の際どいコースを突く。しかし、いずれも見極められる。

「……く、くそっ」

 三球目。近藤は速球を投じるが、力んで高く浮いてしまう。

 パシッ。大飛球が、やや深めに守っていたセンター山下の頭上をあっさり越えていく。三塁ランナー、そして一塁ランナーまでもが一気に生還した。

 ようやくボールを拾った山下だが、中継の曽根へ返球するのが精一杯。打った村西はスライディングもせず、悠々と二塁へ到達していた。二点タイムリーツーベースヒット。

 

―― この後も、和合は攻撃の手を緩めず、さらに一点を追加する。墨谷にとっては、いきなり四点をリードされる最悪の立ち上がりとなった。

 

 

2.和合監督の助言とミーティング

―― エース近藤がいきなり集中打を浴びたショックからか、この後、墨谷は攻守ともに精彩を欠いた。

 攻撃では、和合のエース酒井の速球に押され、チャンスらしいチャンスを作れず。終盤に代わった控えピッチャーから、一点を返すに留まる。

 また守備では、近藤が二回以降はどうにか踏んばり続けたものの、六回に力尽きもう二点を追加される。リリーフのJOYも打ちこまれ、計九点を失う。

 けっきょく、試合は九対一と完敗。五連戦の最後を飾ることはできなかった。

 

 

 試合後。近藤と牧野は、和合中ナインをバスまで見送る。

「やあ、ご苦労さん」

 選手達がバスに乗り終えた後、一人残った和合監督は、右手を差し出してきた。そして一人ずつ、握手を交わす。

「……あ、あのう」

 うつむき加減で、近藤は言った。

「すんまへんでした。こんな試合になってしもうて」

「いやいや、点差ほどの余裕はなかったよ」

 真顔で監督は答える。

「君達は、おとといから五連戦を戦ってきたのだろう。そろそろ疲れが出て当然だし、近藤君。自覚はなかったかもしれないが、君ほんらいのボールじゃなかった」

「は、はあ……」

「各打者の振りも鋭かったし。ヒット数こそ少なかったが、うちのバッテリーも一人一人をおさえるのには神経を使ったろう」

 相手指揮官の思わぬ言葉に、戸惑う二人。

「……ただ、一ついいかね?」

 監督はそう言って、僅かに笑む。

「ほかの選手から聞いたよ。今は来年強くなるように、チーム作りを進めているらしいね。言いかえれば、どこかで今年は負けてもいいと思っているわけだ」

 近藤は戸惑いながら「は、はいな」と返事する。

「その気持ちは分からないでもない。かなり有望な一年生がそろっているようだから」

 しかしね……と、監督は話を続けた。

「ワシに言わせれば、本気で勝とうと思わなければ、身につけられないものがあるんだ。プレーにしても、練習態度にしても」

「ま、負けてもいいとは思ってません」

 牧野が反論する。

「今年だって、やれることは精一杯……」

「それができていれば、こんな大敗はしなかったんじゃないかね」

 厳しい指摘に、正捕手は口をつぐむ。

「ほんらい、こうしてよそのチームの方針に口出しするのは、あまりほめられたことじゃないが……あえて言わせてもらうよ」

 あくまでも穏やかな口調で、監督は告げた。

「夏の大会は、本気で連覇をねらいなさい。これだけの素質がそろってるんだ。けっして、不可能なことじゃない。ただ今のままじゃ、すべてが中途半端に終わってしまうよ」

 それから監督は、フフと笑い声をこぼす。

「あとは君達しだいだ。夏の選手権では、われわれも昨年の雪辱をかけて、君達と再戦できることを願っている」

 そう言い置き、監督は踵を返した。

 

 

 近藤と牧野が部室に入ると、すでにミーティングの準備が整っていた。長テーブルがコの字に置かれ、二、三年生だけでなく、試合に出場した一年生も含め、合わせて二十人程度が席に着く。

「おう、またせたな」

 牧野はそう言って、空いた席に座った。近藤もその隣に腰掛ける。

「五試合を戦って、一勝四敗と負け越した」

 こう切り出し、牧野が話し出す。

「知ってのとおり、選抜の準々決勝で敗れて以後、おれ達は来年強くなることを目標にチーム作りを進めてきた。しかしこの五連戦を終えて、それぞれ思うところもあると思う。今日はそれを、諸君らに率直に話してもらいたい」

 正捕手の言葉に、早速二年生の山下が挙手する。

「む。じゃあ、山下から」

「ぼくは……来年強くなるようにっていう計画は、やっぱりムリがあると思います」

 なんやて、と近藤が立ち上がりかける。傍らで曽根が「まあまあ」と制し、先を促した。

「つづけてくれ」

「はい。計画では、ちみつなプレーが完全に身につくのは、来年って話でしたけど。それって問題を先送りしてるだけのような気がします」

 牧野が「どういうことだ?」と尋ねる。

「けっきょく、今までは一年生の間で身につけていたことを、翌年に回すってことですよね。でも来年は来年で、また新入生が入ってくるんですよ。ぼくらは来年、今の一年生にも新入生にも同じことを教えなきゃいけなくなって、余計に手間がかかるじゃありませんか」

「なあ山下」

 後輩の疑問に、正捕手は応える。

「おれ達は、なにもそこまでおまえ達に……」

「ですが勝つためには、どうしたって必要でしょう」

 山下は納得しない。

「ぼくらはまだしも、今の一年生達は、ちみつなプレーを身につけるための練習を知らないまま、二年生に上がるんですよ。それでほんとうに、勝てるチームを作れるんでしょうか」

「山下。ちとまってえな」

 近藤が口を挟む。

「おまえの言うてることにも一理あるがな。今のやり方で、だいぶ選手層が厚くなったことは、たしかやないか。そこまで否定するんか」

「そ、それは……」

 事実を示され、山下は黙り込む。

「ま……山下があせるのも、分からなくはないぞ」

 代弁するように、曽根が言った。

「この五試合で、やっぱり細かいミスが目立ったからな。それに盤石だと思った投手陣さえ、打たれることはあるってことも分かった」

 そうですと言いたげに、山下はこくっとうなずく。

「とくに今日は、和合に手も足も出なかった。こんな試合をしてりゃ……全国大会はおろか、予選突破も厳しいんじゃないかと、不安に思って当然だよな」

 曽根の言葉に、ナイン達はしばしうつむき加減になった。その時である。

「……あのう」

 沈黙を破り挙手したのは、慎二だった。

「みなさん。ちょっと、むずかしく考えすぎじゃありませんか」

 その一言に、他のメンバー達はハッとしたように顔を上げる。

「ようするに、今のレギュラーがちみつなプレーを身につけることと、来年レギュラーになれそうなメンバーの強化が、両立できればいいってことでしょう」

 ああ、と牧野がうなずく。

「でしたら……最近始めた、レベル別のグループに分かれて練習する方法を、今後も続けていけばいいんじゃないでしょうか」

「おっ、そうだな」

 レギュラーの一塁手佐藤が同調する。

「慎二の言いたいことをまとめたら……つまり、みんなそれぞれ成長できればいいってことだろう?」

「そういうことです」

 慎二は僅かに笑んで、さらに付け加えた。

「あとはいかに、レギュラー争いを活発化させるかでしょう。たとえば……レギュラーと他のグループとの、メンバーの入れ替えをひんぱんにするとか」

「ああ、なるほどね」

 曽根もうなずく。

「そうすりゃレギュラーの者は、代えられないように必死になるし、下のグループのやつらもレギュラーを追い越そうと士気を高められるな」

 その時「ほかにもありますよ」と、意外な者が発言した。なんとJOYである。

「時々、紅白戦をやるってのはどうです? 下のグループの者でも、上達ぶりをアピールしやすいじゃありませんか」

 ふむ、と牧野が腕組みする。

「こうして話し合ってみると、けっこういろんなアイディアが出てくるものだな」

 そう言って、全員を見渡し問いかける。

「じゃあ……今の慎二とJOYのアイディアを、明日からの練習に取り入れていくということでいいか?」

 ナイン達は「異議なし!」と、声を揃えた。

 

 

 ミーティングの後、その日は解散することとなった。

 他のメンバーが制服に着替える中、近藤は席に座ったまま、黙り込んでいた。しかしやがて立ち上がり、ユニフォーム姿のまま部室を出ようとする。

「近藤。どこへ行くんだ?」

 牧野の問いかけに、近藤は「決まってるやろ」と真顔で答える。

「グラウンドで走ってくるんや」

 えっ、と牧野は目を見張る。

「おいおい。今日は罰を受けること、ないんだぞ」

「罰やない」

 近藤はきっぱりと言った。

「もっと足腰をきたえなあかんと、自分で思うたから走るんや」

 そしてまだユニフォーム姿のJOYにも声を掛ける。

「JOY、おまえもつき合うんや。今日は二人して、反省せなあかん」

「分かりました!」

 JOYはむしろうれしそうに、エースの後についていく。やがて「ファイト、ファイト!」とグラウンドを走る掛け声が聞こえてきた。

「……おれ、夢でも見てるんかな」

 渋い顔で、牧野はつぶやく。傍らで曽根が「まったくだ」と苦笑いする。

「あの近藤が、自分から走りに行くとは。それもJOYをさそって」

「む。和合に打ちこまれたのが、よっぽどこたえたらしいな」

「しかし、ああしてやつが努力ってものを覚えたなら、今以上にレベルアップできるかもな」

 その時、あの……と慎二が割って入る。

「おう。どうした慎二」

 曽根が尋ねると、慎二は思わぬことを口にした。

「ぼくもピッチャーの練習をしようと思うのですが」

 三年生の二人は、揃って「ええっ」と声を上げる。

「いや……慎二には、内野に専念してもらいてえ」

 牧野は率直に答えた。

「おまえは貴重な、昨年からのレギュラーだからな。内野からおまえが抜けたら、うちの守備力は大きく落ちてしまう」

「ええ、それは分かってるんですけど」

 そう言って、慎二はやや声を潜める。

「今日のように、近藤さんやJOYが打ちこまれることだって、あるでしょう。そうなった時に、まだリリーフとしてほかの一年生には荷が重いと思うんですよ」

「しかし……おまえずっと内野だろう。ピッチャーなんてできるのか?」

 牧野の問いかけに、慎二は二ッと笑う。

「そう言われると思いまして。じつは家に帰る前、兄と一緒に練習してたんですよ」

 へえ、と正捕手はうなずく。

「そこまで言うなら……今からでも、受けてやろうか」

「はい、よろこんで!」

 慎二は口元をほころばせた。

 

 

 グラウンドに出ると、近藤とJOYはまだ走っていた。牧野は呆れ顔になる。

「あいつら……いつまで続ける気だ?」

 ランニングの邪魔にならないよう、二人は三塁側ファールグラウンドのフェンス寄りに移動した。

慎二は「これぐらいかな」と間隔を空け、その正面に牧野はミットを手に屈み込む。

「よし、いいぞ」

 牧野はミットを構えた。その眼前で、慎二は小さな体をいっぱいに使うフォームで、速球を投げ込んでくる。

 ズバンと、ボールがミットを強く叩いた。思わぬスピードに、牧野はやや面食らう。

「こいつ、いつの間に」

 慎二はさらに、速球を三球続けて投げ込む。すべて内外角の低めに決まる。

「速いだけじゃない。やはりアニキゆずりか、コントロールもいいぞ」

そして、慎二は「つぎカーブいきます」と声を掛けてきた

「なにっ、カーブだと?」

 牧野が返事する前に、慎二はもう投球動作を始めていた。そしてカーブを投じる。

「……うっ」

 ホームベース手前で、曲がりは小さいものの速いスピードで変化した。牧野はこれを捕り損ねてしまう。ボールはミットを弾き、後方へ転々とする。

「わ、わりい」

 ボールを拾いに走りながら、牧野は感心していた。

「まえに見た時は、ほんとにションベンカーブだったのに。なるほど……曲がりが小さいなら、スピードを速くってか」

 それからまた同じボールを、慎二は続けて投じる。牧野はその軌道を必死に目で追いながら、何とか捕球した。

 

 

「なにっ、慎二がピッチングやて!?」

 グラウンドをランニングする近藤の横目に、投球練習する慎二と受ける牧野の姿が飛び込んでくる。

「見たかJOY」

 すぐ後ろを走るJOYに声を掛けた。ええ、という声が返ってくる。

「慎二のやつ。なんで今さらピッチングなんか……」

「そりゃ決まってるでしょう」

 のんびりとした口調で、JOYが言った。

「ぼくと近藤さんの投球に、不安を感じたからじゃないですか」

 うっ、と近藤は顔を歪める。

「しかし慎二さん、すごくいいタマ投げますね」

「こらこら。感心しとる場合やないで」

 暢気そうな後輩をたしなめた。

「慎二がピッチャーとしてそこまでいいのなら、ワイのエースの座が危うなってしまうやないか」

 近藤の言葉に、JOYは「なにをおっしゃるんです」と言って、僅かに笑む。

「最後にエースの座を勝ち取るのは、このぼくですから!」

「な、なにをっ」

 後輩の一言に、近藤はついムキになる。

「……せやったら、ワイも投球練習して帰るか。JOY、おまえはどうする?」

「ぼくもやります!」

「分かった。ほな、二人でかわりばんこにな」

「じゃあラスト一周は、全力疾走で」

 JOYはそう言って、いきなりスピードを上げる。

「なっ、こらJOY。前には行かせへんで!」

 そうして、二人はまるで鬼ごっこのように、グラウンドを駆けた。

<次話へのリンク>

stand16.hatenablog.com

 

※感想掲示

minamikaze2022.bbs.fc2.com


 

【各話へのリンク】

stand16.hatenablog.com